パーフェクトペンシル

imgp4430

世界一高い鉛筆と称させるファーバーカステル パーフェクトペンシル・・・の廉価版、9000番パーフェクトペンシルのブラックです。

キャップ(エクステンダー)にシャープナー(鉛筆削り)が内蔵されており、「書く」「消す」「削る」の機能がこれ1本にまとめられているので「パーフェクト」という分かりやすいネーミングの代物です(ちなみに「消す」は鉛筆の後ろに消しゴムがついています)。

先に書きましたが、これは廉価版でプラスチック製です。上位版にはスターリングシルバーやプラチナコート、アルミ素材のものがあります。鉛筆は、こいつのは1本200円程度(鉛筆としては十分高い)ですが、上位版のものは1本約1,000円もします(ちなみに廉価版の9000番とアルミ素材のUFOの鉛筆は、市販の鉛筆で代替可能)。

鉛筆の硬度はBなのですが、一般的なBよりも硬い気がします。ほとんどHBと変わらない感じ。あまり鉛筆を使わないので、他との違いが分からないというのが正直なところです・・・。シャーペンの方が便利だし。そもそも「書く」も「消す」もシャーペンにだってあるし、「削る」はいらないし。じゃぁ、なんで買ったんだという話ですが、「欲しかったから」。こういうアナログなものって独特の雰囲気があってすきなのですよ。せっかく買ったのでしばらく家で使ってみようかと思います。

タグ: ,

back to top