eeePC 901-Xの高速化を考える

IMGP3133

OS Xの夢をみた我が家のeeePC 901-Xですが、高速化・大容量化のための方法を調べてみました。が、やっぱりというか、素直に内蔵SSDを交換してしまうのが手っ取り早いようです。

SSD交換の方法は2つ。1つ目は標準のD:ドライブになっているSSDをBUFFALOから出ている交換用のモジュールと入れ替えてしまう方法。容量は16GB、32GB、64GBがありますが、16GB以外はMLCなので高速化は期待できません。高速化が目的なら16GBしか選択肢がありませんが、ちょっと割高な感じです。

2つ目の方法はeeePCにZIFスロットが付いていることが前提ですが、1.8インチのSSDを内蔵する方法。MTRONのSSD 32GBが高速、大容量化でコストパフォーマンスが高そうです。ただ、消費電力が多く、動かないデバイスもあるとか。発熱もかなり高いようです。ちなみにeeePC 901-Xでは動作するみたい。

でも、本体が5万円を切る価格のeeePCに3万近い金額をかけて高速化・大容量化を目指すのは、何か間違っている気がするようなしないような・・・。

タグ: , ,

back to top