NokiaがMVNOで日本参入

vertu3携帯電話機世界最大手のノキア(フィンランド)が日本で独自の携帯通信サービスを計画していることが22日、明らかになった。NTTドコモから回線を借り、超高級端末を使った富裕層向けサービスを来年3月にも始める。

ノキア、日本で携帯通信事業を計画 ドコモ回線借り来春にも

そんなわけで、Nokiaがdocomo回線を使ってMVNO参入するとのことです。このニュースが流れた当初、一般向け端末も出るのではないかということで、一部で盛り上がっていましたが、どうやら超高級端末VERTU専用ということで、ちょっとがっかり。VERTUを日本で出すという話は以前からありましたが、VERTUの目指すサービスが日本の既存キャリアでは不可能という判断でMVNOということになったのでしょうね。正直、1台数百万する端末が今の日本でそれほど売れるとは思えないので、Nokiaというブランドの日本での認知度を上げるための戦略なのかもしれません。もしくは、海外でVERTUを使用しているユーザが日本に来た時のローミング対策という可能性もあるのかな?

VERTUについては、このBlogを見ているような人は既に知っている方が大半かと思いますが、Nokiaが作っている1台100万~500万円という超高級端末です。既存の電話を宝飾品で飾ったような端末ではなく、完全にオリジナル設計で、1台1台職人さんの手作りという贅沢品。しかもVERTU専用サービスとして24時間365日利用可能なコンシェルジュサービスがあります。レストランの予約とかチケットの手配などを頼めるサービスですが、VERTUを使うような人はクレジットカードもプラチナやブラックだろうし、すでに同種のサービスを使える立場にあると思います。が、VERTU端末にはコンシェルジュボタンというのがあり、ボタン一発でサービスを利用できるのが便利といえば便利なのかもしれません。

ちなみにすでに海外で展開されているVERTUですが、日本語のサイトもちゃんとあります。

正直、まったくもって縁がない世界の話ではありますが、1度でいいから実機を触ってみたいなぁ。

タグ: ,

back to top