食い逃げされたらバイトを雇ったほうがいい

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い   禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
  • 発売元: 光文社
  • スタジオ: 光文社
  • 価格: ¥ 735
  • 発売日: 2008/02/15
  • おすすめ度 4.5

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)を読み終わりました。約1時間。

前作の「食い逃げされてもバイトは雇うな」から1年近く間が開きましたが、なんと、今度のタイトルは「「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い」と前作を真っ向から否定。どういうこと?っとおもってしまいますが、読めば理由がわかります。

あとがきに

私は「会計が信頼されすぎている」と感じています。「会計がわかればビジネスがわかる」的な過大評価が目につくのです。

と書かれていますが、本書は、このような「会計信仰」に対する警鐘でもあるようです。会計を無視することはできないが、それだけではビジネスは成り立たないということが事例を交えて丁寧に解説されています。

「二分法」や「費用対効果という言葉のあいまいさ」など新しい発見もあり、楽しく読むことができました。

タグ: , , ,

back to top