電車の中でニヤニヤしながら読む自己啓発本

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ
  • 発売元: 飛鳥新社
  • 価格: ¥ 1,680
  • 発売日: 2007/08/11
  • おすすめ度 4.5

夢をかなえるゾウを読み終わりました。約2時間。

面白いです。よくある小説仕立ての自己啓発本で、説かれている内容もそこらの書籍と変わりませんが、主人公とガネーシャ(表紙に載っている神様)のやり取りが面白い。そしてただ面白いだけではなく、ちゃんとした自己啓発本でもあります。

例えば以下のような内容

「今から言うことは大事なことやから覚えときや。人間が変わろうと思うても変られへん最も大きな原因は、このことを理解してないからや。ええか?『人間は意識を変えることはできない』んやで」

「意識を変えることはできない・・・」

「そうや。みんな今日から頑張って変わろう思うねん。でも、どれだけ意識を変えようと思ても、変えられへんねん。人間の意志なんてめっちゃ弱いねん」

「それは、そのとおりです。人はみんな自分で決めたことがなかなかできません」

「それでも、みんな『意識を変えよう』とするやん?それなんでか分かるか?」

「さあ?どうしてですか?」

「『楽』やからや。その場で『今日から変わるんだ』て決めて、めっちゃ頑張ってる未来の自分を想像するの楽やろ。だってそん時は想像しとるだけで、実際にはぜんぜん頑張ってへんのやから。つまりな、意識を変えようとする、いうんは、言い換えたら『逃げ』やねん」

この後に、

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」

と続きます。要するに、「意識ではなく行動を変える」という内容ですが、この例のように1つ1つ具体例を交えながら説明されているので、すんなりと頭に入ってきます。

特に目新しい事は書かれてはいないのですが、小説という形態で噛み砕いて書かれているものを読んでみると、例え知っていることでも、新しい発見のような感じを受けて新鮮でした。

自己啓発本はなんか堅苦しくて苦手という人は是非本書を読んでみることをお勧めします。

タグ: , ,

back to top