工人舎から新型登場

kohjinsha_sa5

韓国でひとあし先に報道されていた工人舎の新コンパクトモバイルノートが国内で発表されました。SA5シリーズは2006年末に登場した初代から続くSA1Fシリーズをさらに進化させたさせたモデル。大きな変化は7型ディスプレイが800 x 480から1024 x 600に高解像度したこと。またCFスロットがType I / II 対応になり、キーボードも打鍵感を改善した新設計となっています。

タッチスクリーンを表に畳んでタブレット的にも使えるコンバーチブル筐体、AMD Geodeプロセッサ、512MBメモリなどは従来のまま。マルチカードリーダや802.11b/g無線LAN、Bluetoothなども引き続き搭載します。重量は約990g、バッテリー駆動時間は約4時間。

工人舎SA5SXシリーズ:高解像度化・キーボード改善・6万9800円から

工人舎から、新型の発表です。解像度が1024×600になったのが大きいですね。正直、800×480じゃぁ狭いと思っていたので。

気になる価格はHDD40GBでBluetoothなしモデルが69,800円。120GBでBluetooth搭載なのは79,800円、これにOfficeを入れたのが99,800円。OSはどれもXP Homeのようです。

Bluetoothは欲しいので、買うなら79,800円の奴かな。EeePCよりは使えるモバイル機になりそうな気がします。

タグ: ,

back to top