iPhone/iPod touchでアプリが開発可能に

またPSPのようないたちごっこの始まりかとばかり思われていたiPhone用サードパーティアプリ開発に大きなニュースが届きました。公式発表によると、アップルは来年2月にネイティブアプリ用SDK(ソフトウェア開発キット)を一般公開、広くサードパーティー製アプリケーションの開発を可能にするとのこと。

ジョブズ総帥のお言葉は「はっきり言おう。われわれはiPhoneで動くネイティブのサードパーティー製アプリケーションが欲しいと思っており、来年2月には SDKを開発者の手に届けるつもりだ」。「iPhoneを中心に活発なサードパーティー開発者コミュニティを育て、iPhoneユーザに何百ものアプリケーションを届けられることにとても興奮している」。「(iPhoneは) 革命的なマルチタッチインターフェースと強力なハードウェア、先進的なソフトウェアアーキテクチャを備えており、開発者にとっても史上最高のモバイルプラットフォームだと信じている」。

iPhone/iPod touchに公式SDK、ネイティブアプリ開発が可能に

すでに1日遅れの話題ですが、iPhone/iPod touchでネイティブアプリが開発可能になるようです。現状のiPod touchにはあまり興味は湧きませんでしたが、なんとなくこれから面白くなりそうです。

いまでもゴニョゴニョすればiPod touchでメモ帳アプリなどをインストールできるようですが、新しいPDAとして活用できるようになるかもしれません。

タグ: , ,

back to top