Foleoは微妙な感じ

palm-foleo-440

Palmから発表になったFoleo。正直、微妙。Foleoの詳細はEngadgetとかを見てもらうとして私が感じたことを。

まず、製品の位置づけというかコンセプトがよくわからない。500ドルということで安いノートPCかと思えば、どうやら「省機能の廉価版ミニノートではなく新しいカテゴリの製品ということ」を強調しているようす。モバイルコンパニオンと呼んでるみたいです。が、どうみてもノートPC。フルスクリーンメールを主眼においているようですが、それはノートPCでもできる。もっというならBluetooth通信でTreoをモデムにした通信だって現状でできる。そこにFoleoを持ってきて「新しいカテゴリの製品だよ」と言われても「それってどーなのよ?」という気にしかならないのは私だけ?潔く、「PalmブランドのノートPC、0スピンドルでLinuxだけど500ドルだよ!」っと言われたほうがスッキリする気がする。

あと、ターゲットユーザがよくわからない。Foleoを必要とするような人は、すでにノートPCを持っているだろうし、ノートPCをFoleoに置き換えるに力不足な感じがする。単にガジェット好きとPalm好きな人を狙っただけ?

まぁ、こんなことを書きつつ、買えるようになったら買っちゃうのかもしれないけど。

タグ: , , ,

back to top