ZERO3の塗装 その2

そんなわけで続き。

前回までに基本の塗装は終わっているので今回はロゴ貼りとクリア吹きです。
ロゴを張る前に、塗装の表面を触ってザラザラしているようであれば、2000番~3000番のペーパー、あるいはコンパウンドなどで磨いておきます。塗装の最後で、表面がしっとりするぐらいに吹くとこの処理が必要ないくらいにつるつるの表面になります。

で、ロゴ貼りは、WILLCOMロゴの作り方と同じ方法で行ったわけですが、ここで問題発覚。
ロゴを白で作ろうと思っていたのだけど、インクジェットって白を印刷できないんですよね・・・。アルプス電気のMD-5500とか使えば、白のマークも作れるのだけど、今回はあきらめて黒にしておきました。

20060402_1

こんな感じ。なんかイマイチ・・・。白バージョンよりも粗が目立つ気がします。

で、次にクリア吹き。このクリアは仕上げ用ではなく、シールの段差をなくすためのものです。

20060402_2

こんな感じ。分かり難いけど、ちょっとだけ黒が絞まった感じがします。
でもやっぱり粗が目立つ・・・。「色白は七難隠す」というのは真実かもしれない(ちょっと違う)。

この後、クリアが十分に乾燥してから、シールの上の部分を削って周囲との段差をなくします(中研ぎというらしいです)。

タグ:

back to top