Apple Watch似のWear OSデバイス「OPPO Watch」予約開始。8月下旬発売予定

交換バンドのレッドは出ないとのこと

OPPOのWear OS搭載スマートウォッチ「OPPO Watch」の予約が開始されました。8月下旬に発売予定ですが、Amazonでは8月28日発売となっています。

カラーはピンクゴールド、シルバーミスト、ブラックの3色。それぞれ、交換用ベルトも5800円で販売されます。なお、当初交換用ベルトとして、レッドも案内されていましたが、これの販売はなくなったとのことです(本体もベルトも3色のみ)。

OPPO Watchは、1.6インチ 320×360の有機ELディスプレイを備えるスマートウォッチ。見た目は完全にApple Watchですが、OSにはGoogleのWaer OSを搭載します。

3気圧防水で水泳にも利用出来るほか、寸泊測定や睡眠ログの計測にも対応しますSoCはSnapdragon Wear 3100と、省電力用のAmbiq Micro Apollo 3を搭載。バッテリーは通常使用で約24時間、省電力モードなど14日間持つとのこと。ようするに、よくあるWear OSデバイスと同等です。

充電は専用充電台によるOPPO独自の急速充電VOOCフラッシュチャージに対応。75分でフル充電が可能としています。

source: OPPO

カテゴリ:モバイル