Apple純正USB-C – 3.5mm変換アダプタ購入。DAC搭載でPixel 3でも利用可能

DAC積んでると、アダプタで音が変わるのですね

iPad ProやMacBook Airが発表された裏で、ひっそりと発売が始まったApple純正のUSB-C-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタを購入してみました。iPad ProがUSB-Cになったのでそれに合わせて発売されたものです。

Androidスマートフォンではよく見る、ただのUSB-C to 3.5mm変換アダプタです。そしてサイズは結構小さめなのですが、アダプタ側にDACを搭載しています。なので、アナログオーディオをサポートしないPixel 2やPixel 3でも利用可能です。

ということは、iPad Proもアナログオーディオ非サポートなんですかね? iPad Pro用にと安いUSB-Cイヤホンを買うと嵌るかもしれません。

▲左:Pixel 2 XL付属の変換アダプタ、右:Appleのもの。ちなみにPixel 3のアダプタはPixel 2より気持ち小さめです

とりあえず、Pixel 2 XLのアダプタとAppleのアダプタで音を聞き比べてみたのですが、これがまったく違います。好みとか、機器の組み合わせとかの影響もあるかもしれませんが、Pixel 2付属のほうが数段上の印象。

▲使ったのはPixel 2 XLと、イヤホンはGalaxy S8+に付属していたAKGのもの

まず音量が全く違い、Pixel 2 XLのものが2~3割大きめ。そして音質はAppleのものは抑揚がなくフラットな感じで、中音域がこもったような印象も受けます。

おそらくiPad Pro用にチューニングされているのではと思うので、そちらで使えば違った印象になるのかもしれません。

Apple純正は1080円(税込)、Pixelのものは1296円(税込)。いざとなったらAppleストアに駆け込んで購入できるので便利かと思ったのですが、少なくともPixelユーザーは純正のものを使ったほうが良さそうです。

back to top