カテゴリ:モバイル

Apple、iPhoneを決済端末として使える「Tap to Pay」を米国で発表

小さなお店では便利なのかも

Appleは2月8日(現地時間)、iPhoneによる非接触決済「Tap to Pay」を米国で導入すると発表しました。

iPhoneでの非接触決済は、すでにApple Payが利用できますが、Tap to PayはiPhoneを決済端末として利用できるのが特徴です。販売店側は別途決済端末を用意する必要はありません。

支払い自体はNFCで行われ、iPhoneやApple WatchでのApple Payのほか、非接触決済に対応するクレジットカードやデビットカード、その他のデジタルウォレットが利用できるとのことです。

Tap to Payの機能は、各決済プラットフォームがアプリに組み込むことができ、この春にはStripeがShopify Point of Saleアプリなどを通じて、Tap to Payを提供する最初の決済プラットフォームになるとのこと。2022年後半には、その他の決済プラットフォームやアプリも提供予定としています。

発表内容を見るに、個人売買で気軽にやり取りできるようなものではなく、ショップアプリの決済方法の一つとしてTap to Payが追加されるイメージのようです。Appleが決済手数料を徴収すると考えられますが、これまで決済端末などが用意できなかった小規模店舗などでも、気軽に非接触決済が利用可能になるかもしれません。

Source: Apple