カテゴリ:News

Androidを挟んで使うコントローラー「Razer Kishi V2 for Android」7月22日発売

コントローラー対応のゲームじゃないと使えない

Razerは7月14日、Androidスマートフォン向けのゲーミングコントローラー「Razer Kishi V2 for Android」を7月22日に発売すると発表しました。価格は1万6500円。

Razer Kishiは、スマートフォンのUSB-Cコネクタに接続し、左右(スマートフォンの縦方向)から挟み込む形で使用するコントローラー。電源はスマートフォンから供給されるので、これ自体に充電の必要はありません。なお、利用中もスマートフォンの充電ができるよう、USB-Cポートを備えています。

前モデル(Razer Kishi for Android)は、背面が柔らかいリボン上で、使用しない場合にはコンパクトに収納することができましたが、V2ではその機能を廃止。代わりに安定したブリッジ構造とすることで、安定感が増したとしています。

また、別途Razer Nexusアプリをインストールすることで、コントローラーのカスタマイズやYouTube、Facebookへの瞬時の配信が可能になるとのことです。

スマートフォンを挟み込む形状のため、利用できる端末は限られますが、Razerは最大限の互換性を考えているとしています。一応、公式に対応を謳われているのは下記の機種。

  • Samsung Galaxy S9/S9+/S10/S10+/S20 シリーズ/ S21 シリーズ/S22 シリーズ/Note 8/Note 9/Note 10/Note 10+
  • Google Pixel 2/2 XL/3/3XL/4/4XL/ 5 シリーズ/ 6 シリーズ
  • Razer Phone 1、Razer Phone 2

これら以外でも、同等サイズのスマートフォンであれば利用は可能です。

Source: Razer