Android版Netflixで再生速度の変更が可能に。iOS版とWEB版でもテストを開始

英語のヒアリング練習にも便利そう

Netflixは7月31日(現地時間)、動画の再生速度コントロール機能をすべてのAndroidユーザー向けにリリースすると発表しました。あわせて、iOS、WEB版についても同機能のテストを開始するとしています。

再生速度のコントロール機能は、2019年10月から一部のAndroidユーザーでテストが行われていたもの。再生速度を0.5倍、0.75倍、1.25倍、1.5倍に変更できるもので、多くのユーザーから要望が多かった機能だとしています。

またこの機能は、健常者の利便性だけではなく、視力に障害がある人が再生速度を落としてゆっくりと音声を聞き取れるようにしたり、聴覚に障害ある人がゆっくりと字幕を読んだり出来るようになるなど、聴覚や視力に障害を持つ人にとってもメリットがあるもので、全米聴覚障害者協会と全米盲人連盟からは歓迎されているとのことです。

ただ、制作者の意図しない速度で再生されることについては、クリエイター側からの反発も強いようです。それに配慮し、設定は動画毎に変更する必要があります。また、テレビなどの大画面ではいまのところ利用出来ず、オーディオピッチを自動で修正する機能も盛り込まれています。

ともあれ、映画くらいはゆっくりと落ち着いて観たいものですが、大量のテレビシリーズを短い休みの中で消化しなければいけない場合などには便利な機能かもしれません。

via: The Verge
source: Netflix

カテゴリ:モバイル