カテゴリ:News

AndroidのNearby Share、自分のデバイス間では受け入れ操作が不要に

便利そうではあります

GoogleがNearby Shareのアップデートを発表しました。今後数週間以内に、自分の所有するAndroidデバイス間であればこれまで以上に高速にがいる共有が可能になります。

Nearby Shareでは通常、送信側が相手を選んだあと、受信側が受け入れ操作を行う必要があります。これは、スマートフォンで撮影した写真を自分のタブレットに送りたい場合などでは、1人で2台操作する必要があることを意味します。しかし、アップデートにより、同じGoogleアカウントでログインしているデバイスであれば、受信側は操作することなく自動的に受け入れるようになるとのこと。オプトイン方式で、Android 6以降で利用可能になるとのことです。

なお、Nearby Share自体はスマートフォンのほかChrome OSでも利用可能。また、今年後半にはAcer、HP、Intelと協力して一部のWindows PCでも利用可能になる予定です。

自分のデバイス間であれば、Googleフォトなどを利用したほうが手っ取り早い気もしますが、自分のデバイス間での利用がNearby Shareの一般的な利用方法の一つなのだとか。出先で片方がネットに接続していない、あるいはデータ通信を節約したいという場合には便利かもしれません。

Source: Google