Android 4.4 Kitkat搭載、Nexus 5がやってきた

11月1日に発売されたNexus 5が届きました。私は11月1日のAM3:56の注文でその日のうちに香港から発送(国際ヤマト便)。翌日の夜には通関してました。国内通販と変わらない感じですね。

そんなわけで、いつものように外観レビューです。

まずパッケージ。これはNexus 7とかと同じですね。

日本のGoogle Playで売られているのはLG-D821です。

内容物。USB-ACアダプタとmicroUSBケーブル、そしてSIM抜き。

SIM抜きのピンはNexus 4と同じサイズです。Nexus 4のSIM抜きでNexus 5のスロットを出すこともその逆もOKでした。

正面。Nexus 4のようなシルバーの縁取りはなく、またNexus 4が丸みを帯びていたのに対してかなりフラットです。保護シートは作りやすそう。

背面。下側にある黒い帯はIMEIが書いてあるシールです。簡単にはがせます。背面はNexus 7と同様のマット加工です。

Nexus 7と並べてみました。「Nexus」のロゴも同じ感じです。

本体向かって右側面。電源とSIMスロット。

向かって左側にはボリューム。この辺はNexusの伝統ですね。

上面には、マイク穴と3.5mmジャック。

底面にはスピーカ、microUSBポート、マイク。

Nexus 4と並べてみました。ディスプレイサイズは4.7インチに対して4.95インチと若干大きくなっているのですが、本体サイズはあまり変わりません。むしろ薄く軽くなっています。

Xperia Z1と比較。ほぼ同じディスプレイサイズですが、Nexus 5のほうがコンパクトです。

HTC Oneと比較。ほぼおなじサイズですが、金属筐体なだけあってHTC Oneのほうがずっしりと感じます。

全体手には「ちょっと安っぽいかな?」という印象を受けます。手に持った感じもNexus 4のほうがしっくりと馴染む感じがありますね。この辺は慣れの問題かもしれませんが。Nexus 4が背面のRが大きいというか面取りしたような形状だったので余計にそう感じるのだと思います。

ともあれ、しばらくはメイン機として頑張ってもらうことにしますよ。中身についてはまた別に。

カテゴリ:モバイル・PC