カテゴリ:News

Android 13正式リリース。セキュリティ強化にデザイン変更、日本語変換なども効率化

Pixelに配信開始

Googleは8月15日(現地時間)、Android 13をAOSP(Android Open Souce Project)で公開しました。また、本日からPixel端末向けに配信が開始されています。なお、執筆時点ではPixel 5はアップデートできましたが、Pixel 6にはまだ配信されていませんでした。Pixel 5はAndroidベータプログラムに登録していたので、先行して配信されているのかもしれません。

Android 13では、Material Youに基づき外観が進化。ホーム画面ではGoogle以外のアプリもアイコンもテーマに合わせてカスタマイズが可能になります。また、アプリ毎にシステム言語とは異なるで利用が可能に。

テキスト関連もアップデートされており、TextViewの改行処理が改善され、ハイフネーションのパフォーマンスが200%最適化。加えて、テキスト変換APIを使用することで、日本語などの変換が高速になります。

セキュリティ面でも変更があり、アプリから写真や動画などにアクセスする必要がある場合、メディアライブラリ全体にアクセス許可を与えるのではなく、特定の写真や動画のみを指定できます。クリップボードにコピーされた内容も、一定時間で消去されるようになります。

先述の通り、Pixelに配信が開始されており、今年後半には、Samsung Galaxy、Asus、HMD (Nokia phone)、iQOO、Motorola、OnePlus、Oppo、Realme、Sharp、Sony、Tecno、vivo、Xiaomiなどもアップデートされるとのことです。

なお、注意点として、Android 13のベータプログラムに登録していた場合、引き続きAndroid 13の機能追加に向けたベータプログラムに登録されたままとなります。端末を初期化することなくベータプログラムから抜けたい場合には、Android 13にアップデート後、最初のベータを受け取る前にベータ登録サイトから解除してください。

Source: Google(1), (2)