Android 12 ベータ3リリース。スクリーンショットや画面回転に新機能

イースターエッグはまだAndroid 11のままでした

Android 12ベータ3がリリースされました。見た目的な変化はほぼありませんが、今回はいくつかの新機能が追加されます。

まず1つ目はスクリーンショットが改善され、スクロールしてのキャプチャが可能となりました。メーカー(機種)によってはすでに対応している機能ですが、これがAndroidの標準機能となるわけです。

もう1つの特徴的な機能としては、画面の自動回転機能が強化されました。フロントカメラを利用した顔検出を併用することで、回転するタイミングを正確に認識できるようになるとのことです。

ソファーやベッドで横になっているときに、スマートフォンの画面が意図せず回転してしまいイラっとする…なんてことは防げるようになるのかもしれません。

このほか、ゲームモードAPIの更新によるバッテリー寿命の改善や、一足早く発表されていたPlay As You Downloadの対応なども改めて発表されています。

今後のスケジュールとしては、予定通りに進めば8月上旬に最終ベータであり、APIやインターフェースが確定した「プラットフォームの安定版」となるベータ4がリリースされます。その後、正式リリースとなりますが、例年通りであればこれは8月末になるはずです。

Source: Android Developers Blog

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。