Amazon、Echoデバイスを一挙リニューアル。Echo Showも日本で発売

FireのShow Modeも早く……

新iPhone発売日を狙ったのか、AmazonがAlexaデバイスを大量に発表しました。とりあえず日本でも発売されるのは4種類。

Echo Show(第2世代)

まず日本初登場となるのが、Echo Showの第2世代モデル。10.1インチディスプレイを搭載しており、Prime Videoなどを視聴可能。Dolby対応のステレオスピーカーも搭載します。

また、Echo Plusと同様にZigBee対応のスマートハブ機能を搭載。Hueランプなどをブリッジ不要で操作可能です。

12月12日発売で、価格は2万7980円。10月19日までは2万2480円のほか、2台同時購入で2台目が安くなるキャンペーンも実施中です。

Echo Plus(第2世代)

第2世代のEcho Plusがデザインがややずんぐりに。それにともない、ウーファーが3.0インチに少し大型化。2台を使い、ステレオ再生も可能になりました。

また、あらたに室温センサを搭載。「Alexa、現在のリビングの温度おしえて」と聞けば室温がわかるように。いずれ、室温センサを使ったエアコン操作などにも対応するのでしょう。

なお、前モデル同様、ZigBee対応のスマートハブ機能を搭載しています。

10月30日発売で、価格は1万7980円。9月25日の限定で、2台購入すると2台目が半額のキャンペーンも行われています。また、Hueランプとのセットも本体と同じ1万7980円となっています。

Echo Dot(第3世代)

Echo Dotも第3世代に(昨年、日本で発売されたのが第2世代モデル)。デザインがずんぐりして、新しいEcho Plusと同系統になっています。

仕様面ではスピーカーサイズが0.6インチから1.6インチに大幅アップ。代わりに重さが163gから300gへと約倍増しています。サイズも少しだけ大型化。

これも10月30日発売で、価格は5980円。しばらくは第2世代と併売になるようです。

Echo Sub

最後はEcho、第2世代のEcho Plusと接続して使うサブウーファーのEcho Sub。これ自身にAlexaは搭載されておらず(そもそもマイクがない)、単体では利用できません。

100WのクラスDアンプに6インチのサブウーファー。EchoやEcho Plus x 2と接続すると2.1chサウンドシステムとしても利用できます。

10月30日発売で、価格は1万5980円。Echo Plusとのセットだと2万2960円でかなりお得。

back to top