地域密着型「Amazon Hubデリバリーパートナープログラム」発表。地元企業が副業で配達

Amazonは12月19日、新しい独自の配送プログラム「Amazon Hubデリバリーパートナープログラム」を発表しました。地域に根差した中小企業が事業の隙間時間にAmazonの配送を実施するというもの。

配送範囲は半径2Km圏内。デリバリーパートナーは、空き時間に1日30~50個の荷物を配送します。なお、毎日稼働しなければいけないわけではなく、週2日程度から都合に合わせて決めることができるとのことです。

なお、配送方法に決まりはなく、多くのパートナーが自転車や徒歩で配達をしているとのこと。発表したばかりなのにすでに実績ベースで話をしているので、以前からパイロットプログラムが行われていたのでしょう。

Amazonからの荷物が一括で届くため、デリバリーパートナーになるのは荷物を保管するスペースが必要となります。そのほかにもいくつかの条件がありますが、地域に密着した企業なら配送もしやすいのかもしれません。現在、東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・兵庫・愛知・福岡で募集を行っています。

Source: Amazon

ガジェットなど好きなことをブログやWEBメディアなどに書いて生きています。ライター仕事は常に募集中

Dream Seedをフォローする
News
スポンサーリンク
Dream Seedをフォローする
タイトルとURLをコピーしました