カテゴリ:モバイル

Amazon、ANC搭載のEcho Buds(第2世代)を2月24日に日本で発売。事前予約で最大3500円オフ

価格以外、これといった特徴はないですが、Alexaユーザーなら便利かも

Amazonが、完全ワイヤレスイヤホンEcho Buds(第2世代)を2月24日に日本で発売すると発表しました。価格は1万2980円、ワイヤレス充電対応版が1万4980円。2月23日までの予約でUSB充電版が2500円オフ、ワイヤレス充電版が3500円オフとなっています。カラーはブラックとグレーシャーホワイトの2色。

Echo Buds(第2世代)は、米国では2021年5月に発売されていたもの。2019年に発売された初代のEcho Budsは、Boseの技術を使った「アクティブノイズリダクション」を搭載していましたが、第2世代では独自設計のアクティブノイズキャンセリングに進化。本体サイズも20%小型化しています。

小型化にあわせ、耳への圧迫感を減らすために、ショートノズルを採用したほか、イヤホンにベントホールを設けています。

穴があるということで防水性能が気になりますが、本体はIPX4に対応。汗や急な雨でも大丈夫そうです。

もちろん、Alexaに対応していますが、単独では利用できず、スマートフォンが必要。とはいえ、スマートフォンを取り出さずに操作できるのは便利かもしれません。なお、SiriやGoogleアシスタントもサポートしています。

肝心の対応コーデックは明かされていませんが、海外のレビューを見るとSBCとAACのみのようです。バッテリー持ちは単体で5時間、充電ケース併用で15時間。15分の充電で最大2時間利用できる急速充電に対応しています。

Source: Amazon