米国でAlexa Guardが利用可能に。Alexaが留守宅の不振音などをキャッチして通知

ガラスが割れる音や煙探知機のアラーム音などを通知します

Amazon Echo

Alexaがガラスの割れる音や煙探知器などのアラームに反応して、持ち主のスマートフォンに通知を行う「Alexa Guard」が米国で利用可能になりました。

Alexa Guardは9月のイベントで発表された機能の1つ。「Alexa,
I’m leaving(出かけるよ)」で機能がONになり、室内の音を聴取。ガラスが割れたり、煙探知機や一酸化炭素警報などのアラーム音をキャッチすると、スマートフォンに通知します。また、定期的にライトをON/OFFして、在宅中を装うことも可能です。

なお、スマートフォンに通知は行いますが、Alexa自身が警察や消防に通報は行えません。代わりにADT Pulus Security SystemやRing Alarm(日本でいうセコムのホームセキュリティのようなもの)を使用していれば、そちらに通報することはできるとのこと。

照明のON/OFFだけなら実現する方法はいくつかありますが、各種警報器のアラームを聴いて通知してくれるのは便利そうです。煙探知機とか設置しても、家にいないと意味がないですし。

セキュリティ会社への通報は別として、このアラーム通知の部分だけでも、日本で展開して欲しいところです。

(source CNET)

back to top