米Amazon、ディスプレイの付いたフィットネストラッカーAmazon Halo Viewの予約を開始。期間限定49.99ドル

デバイスいらないから、サブスクだけ独立サービスにしてほしい

米Amazonが、ディスプレイ搭載のフィットネストラッカーAmazon Halo Viewの予約販売を開始しました。12月8日発売で価格な79.99ドルですが、期間限定で49.99ドルとなっています。

Halo Viewは、Amazonのフィットネストラッカーとしては第2世代となるモデル。第1世代のHaloはディスプレイがなく、常に身に着けておくには厳しいものがありましたが、Halo Viewはディスプレイを搭載しておりこの点が改善されました。

心拍数や歩数、睡眠、皮膚温度、各種アクティビティの計測に対応。SpO2も計測可能です。また、総合的な運動量をWHOとCDCが推奨する方法でptsとして表示します。軽い運動なら1分で1pts、強めの運動なら1分で2pts。1週間で150pts以上を目指します。ようするに、Google Fitのハートポイントと同じものです。

バッテリー持ちは最大7日間。5気圧防水で水泳でも利用可能です。

ただ、Haloシリーズの特長は、デバイスの性能よりもサブスクリプションの機能にある気がします。月額3.99ドル(12か月は無料)のサービスですが、スマートフォンで体を撮影すると体脂肪率などを計測できたり、音声の調子から精神状態を推測したりが可能。むしろフィットネストラッカーいらないから、こちらだけを独立したサービスにした方がいいのではとも思えます。

なお、当然ながら日本への発送は不可。転送サービスで購入は可能ですが、専用アプリも日本からはダウンロードできない(日本のアカウントではダウンロードできない)ので注意が必要です。