AirTag、iPhoneユーザーは48%近くが関心を示すも購入済みは9%(MMD研究所調べ)

広まるまで、まだ時間はかかりそう

4月30日に発売されたAirTag、iPhoneユーザーの関心度は高いものの、実際に購入した(予約した)人は9%ほどとの調査結果が公開されています。

MMD研究所の調査によると、AirTagに興味を持っているiPhoneユーザーは47.7%とかなり高め。Androidユーザーも29.3%が興味を持っています。

また、iPhoneユーザーのうち9.1% は購入済み(予約済み)。14.1%は購入予定、48.3%は購入を検討しているとのことで、今後の情報を見てから購入を考えるといった様子です。

ちなみに、忘れて困るもの、忘れ物をしたことがあるものとしてはスマートフォンがトップ。ついでサイフ、鍵となっています。ただ、実際に失くしたことがあるものはこれらには当てはまっておらず、なんだったのかが気になるところです。

Source: MMD研究所

カテゴリ:モバイル