AirPowerが正式に発売断念。でも、なんちゃってAirPowerのPluxがある

スペース的には便利です

Appleが3台同時充電可能な純正ワイヤレス充電マット「AirPower」の発売を断念したと発表しました。Appleが求める水準に達しなかったのだとか。

2台同時充電のワイヤレス充電マットは、すでにあちこちから販売されていますが、これらは、基本的にワイヤレス充電台を2つ繋げただけの構造です。このため、同時充電はできるものの充電できる場所は限られています。

これに対して、AirPowerは、3台をどこに置いても充電できることを目指していたため、開発が難航していたようです。

そんな複雑な構造はいらないから、iPhoneとApple WatchとAirPodsをまとめてワイヤレス充電したいんだという人には、なんちゃってAirPowerのPluxがおススメです。

Indiegogoのあと、Makuakeでもキャンペーンを行っていたので、入手している人も多いかもしれません。

3台同時充電が可能ではありますが、1つはApple Watch専用。純正の充電台を組み込んで使用します。残り2つは場所が決め打ちですが、スマートフォン2台の充電も可能です。

ただ端のコイルは結構ギリギリの位置にあるので、スマートフォンを置くと確実にはみ出します。ここはAirPods専用と考えたほうがいいかもしれません。

なお、付属のスタンドを使えば立てて利用も可能です。AirPods用の受け台も付いているので、こちらのほうが位置決めは楽。私はこのスタイルで利用しています。

IndiegogoやMakuakeでの販売は終了していますが、公式サイトから購入可能。日本への発送にも対応(送料無料)しており、価格は79ドルです。

なお、Indiegogoでは、似たような別のプロダクト、 SliceChargeのキャンペーンも行われていました。すでに終了していますが、まだ購入は可能です。

Apple Watch部が決め打ちなのは変わりませんが、残りは6コイルで位置の自由度はかなり高いようです。

back to top