Hey Siri対応した第2世代AirPods発表。レイテンシが30低減、ワイヤレス充電ケースは単体購入も可能

チップがW1からH1になりました

Appleがワイヤレス充電に対応した第2世代のAirPodsを発表しました。ケースだけが新しいのかと思ったら、イヤホン自体も変更されています。

組み合わせがややこしいのでまず整理すると以下のような感じです。

  • AirPods with Wireless Charging Case(第2世代 + ワイヤレス充電ケース)2万2800円
  • AirPods with Charging Case (第2世代 + 非ワイヤレス充電ケース)1万7800円
  • Wireless Charging Case for AirPods(ワイヤレス充電ケースのみ)8800円

従来のAirPods(第1世代)はディスコンになってしまったようです。

そんな第2世代AirPodsですが、チップがW1からH1に変更。タップ不要で「Hey Siri」が可能になったほか、ダブルタップでの再生またスキップに対応。接続が高速になったほか、ゲームでのレイテンシも30%低減したとのこと。

それ以外に大きな変更はなさそうですが、レイテンシの低減はゲームをやる人には朗報なのかもしれません。

なお、ワイヤレス充電ケースのみも購入でき、これは第1世代のAirPodsも利用できます。

(source Apple)

back to top