Adobe Fireflyにエンタープライ版、Adobeが知的財産(IP)を補償

Adobeは6月8日(現地時間)、生成AIサービスAdobe Fireflyの企業向けバージョンとなるエンタープライズ版の提供を発表しました。2023年下半期に提供予定で、Creative CloudやAdobe Expressのほか、CMSソリューションであるAdobe Experience Managerを使う企業ユーザーに生成AIによる画像作成・編集機能を提供します。

Adobe Fireflyはもともと、Adobe Stockに登録されている画像や著作権が失効しているパブリックドメインコンテンツを学習に利用しており、他のクリエイターやブランドの知的財産(IP)を元にしたコンテンツを生成しないことを保証しています。また、Adobe Fireflyで生成した画像には、生成AIが使用されたことを示すコンテンツクレデンシャルタグが自動的に埋め込まれ、消費者がコンテンツの真正性や来歴データを確認できるようにもなっています。

エンタープライズ版では、企業が所有するブランド資産でAdobe Fireflyをカスタムトレーニングできるようになるとのこと。また、Adobeからから知的財産(IP)の補償を受けることもできるとしています。

Adobeのデジタルメディア事業部門代表David Wadhwani氏は、「今回発表したエンタープライズ版は、あらゆるスキルレベルのすべての従業員が、Adobe Fireflyを使って瞬時にアイデアをコンテンツとして形にするだけでなく、Adobe ExpressまたはAdobe Creative Cloudを併用してアセットを素早く修正し、際立つデザインを作成することを可能にします。」と述べています。

Source: Adobe

ガジェットなど好きなことをブログやWEBメディアなどに書いて生きています。ライター仕事は常に募集中

Dream Seedをフォローする
News
スポンサーリンク
Dream Seedをフォローする
タイトルとURLをコピーしました