Google、Inboxを2019年3月に終了。今後はGmailに注力

実験的なアプリでしたね

Googleが2014年にリリースしたモバイル向けのメールアプリ、Inboxを2019年3月に終了すると発表しました。

InboxはGmailアプリよりもAI機能を全面に押し出したものになっていました。スマートリプライやスヌーズ機能など、もともとInboxに実装されていた機能がGmailに移植されたものもいくつかあります。

そんなInboxを終了する理由ですが、「誰にとっても最高の電子メール体験を提供できるよう、Gmailに注力するため」とのことです。ようするにInboxに割いていたリソースをGmailに充当するということですね。

ただ、一部の機能はGmailに移植されたとはいえ、Inboxのすべての機能がGmailで使えるわけではありません。この点について、Googleは移行ガイドも公開しており、Inboxに似たGailの機能なども紹介しています。Inboxを愛用していた人には参考になるかもしれません。

(source Google)

back to top