75%メカニカルキーボード「Keychron K2」国内販売開始。日本語配列も選択可能

日本語配列のカーソルキー、苦しいな

コペックジャパンが、KeychronのメカニカルキーボードK2(V2)の販売を開始しました。価格はRGBライト版が1万5400円、White LEDライト版が1万1990円。US配列のほか、日本語配列も用意されています。

Keychron K2は、テンキー部分がなく全体にギュッと詰まった75%キーボード。Bluetooth接続で3台を切り替えられるほか、USBによる有線接続にも対応します。

使用しているキースイッチは、Cherry MX互換のGateron赤軸/青軸/茶軸。海外ではキースイッチを引き抜いて交換できるホットスワップタイプも販売されていますが、国内版は非対応のようです。

なお、キーキャップの色にバリエーションがあり、組み合わせはかきのような感じです。

また、フレームはRGBライト版がアルミ、White LEDライト版がプラスチックフレームという違いもあります。

▲中央がライトグレー(アルミフレーム)
▲中央がグレー(プラスチックフレーム)

Source: PR Times

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。