カテゴリ:モバイル

7.8インチカラー電子ペーパー搭載Android 11タブレット「BOOX Nova Air C」4月22日発売

電子書籍メインならこれが良さそう

ONYX Internatinalの正規代理店であるSKTが、7.8インチのカラー電子ペーパーを搭載したAndroid 11搭載タブレット「BOOX Nova Air C」を4月22日に発売すると発表しました。市場想定価格は5万9800円前後。

本製品は、2021年11月に発売されたモノクロ電子ペーパーを搭載するBOOX Nova Airのカラー電子ペーパーモデル。ハードウェア的には、カラー電子ペーパーになった以外はBOOX Nova Airと変わりはないようです。

また、カラー電子ペーパーのBOOXとしては、Nova 3 Colorがありましたが、それと比べてフロントライトがオンの場合に色のコントラストが30%、サイドが15%改善されているとのこと。フロントライトがオフの場合でもコントラスト6%、サイドは14%改善されています。

OSにはAndroid 11を搭載しており、Google Playも利用可能。Kindleなどアプリ側が対応していれば、音量ボタンでのページ送りもできるので、ちょっと便利なKindleデバイス的な利用もできそうです。

また、4096段階の筆圧検知に対応したスタイラスも利用可能。ワコムの電磁誘導方式なので、電池は不要。使いたいときにスタイラスが充電切れ……なんてことはありません。

Androidタブレットは小型ハイエンドモデルも多く登場してきており、電池持ち(目へのやさしもあるかも)以外の理由で電子ペーパーモデルを選ぶ理由は少なくなってきた来ます。それでも、235gと軽量なBOOX Nova Air Cは、持ち運ぶデバイスとしては最適かもしれません。

ハードウェア仕様

  • CPU:クアルコム8コア 
  • RAM:3GB (LPDDR4X)
  • ROM:32GB (eMMC) 
  • ディスプレイ:7.8″ Eink on-cell Kaleido Plus Screen (4096色 
  • 解像度:1872×1404 (300 dpi)
  • タッチ:静電容量方式タッチ+4096段階筆圧検知ワコムペン
  • スタイラス:BOOX Pen Plus (深緑)
  • フロントライト:暖色及び寒色
  • WiFi:802.11b/g/n/ac
  • Bluetooth:BT 5.0
  • バッテリー:2000mAh
  • ボタン:電源
  • スロット:USB-C (OTGサポート)
  • スピーカー:デュアルステレオスピーカー
  • マイク:あり
  • Gセンサー:★なし