世界最小クラスの65W充電器、「CIO-G65W1C」レビュー【PR】

充電器、ほんとうに小さくなりましたね

CIOから、世界最小クラスをうたうPD 65W充電器「CIO-G65W1C」をレビュー用に提供いただきました。

65Wクラスの充電器は、USB-Cが3つ、USB-Aが1つという3C1A構成のものが主流ですが、CIO-G65W1Cは名前からわかるようにType-Cが1つだけというシンプル構成。もちろん、背面のプラグは折りたたみ式で、非常にコンパクトなのが特徴です。

同じCIOの65W充電器(CIO-G65W3C1A)と比べると、奥行きと厚みはほぼ同じながら、高さは二回りほど小さくなっています。

▲上が3C1A、下が1C。奥行き感はほぼ同じ
▲左が3C1A、右が1C。高さがだいぶ違います。

iPhone 12 miniと比べると下図のようなサイズ感。これなら持ち運びも苦にはならないでしょう。

▲これで65W出力対応

利用可能なPDOは下図の通り。仕様通りで、MAXで20V/3.25Aの65Wです。なお、3A以上の出力には5A対応のケーブルが必要なので注意してください。

ケーブル、もはや見た目では区別がつかないので、私はすべて5A対応ケーブルに変更してしまいました。

PD 65Wの充電器としては最小クラス。自宅で使うならポート数が多いものを選びたい気もしますが、出先でのラップトップやSwitchの充電のために持ち歩くのなら、断然おすすめです。

カテゴリ:モバイルアクセサリ