カテゴリ:モバイル

ローカル5Gを用いた国内初の商用サービス「NURO Wireless 5G」、2022年春に提供開始

価格は5000円前後の予定

ソニーワイヤレスコミュニケーションズは11月29日、ローカル5Gを利用した集合住宅向けインターネット接続サービス「NURO Wireless 5G」を2022年春頃に提供開始すると発表しました。ローカル5G商用免許での住宅向け固定インターネット接続サービスとしては日本初の取り組みとのことです。

NURO Wireless 5Gは、提供可能エリアに専用のアンテナを設置することでサービスエリア化し、サービスエリア内の各住戸に無線通信によるインターネット接続サービスを提供します。

大手キャリアのネットワーク網を使うのではなく、ごく限られたエリアにサービスを提供するローカル5Gとなるので、アクセス集中などが発生しづらい安定したサービスが提供できるとしています。使用する周波数帯は4.8~4.9GHzで、ミリ波への対応も検討しているとのこと。なお、専用ルーターはレンタルで提供し、サービスの月額は5000円前後(光回線と同等)を予定しているとしています。

アンテナの設置に関しては、設置場所の権利者等との相談が必要ですが、各住戸では工事不要で5G通信のインターネットサービスが利用できます。

現在、提供可能エリアは北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)、東海(愛知、静岡)、関西(大阪、兵庫、奈良)、九州(福岡)の一部となっており、エリアは順次拡大予定。なお、10月1日から東京、神奈川、埼玉、大坂の一部で利用者を限定したプレサービスを実施しているとのことです。

Source: ソニーワイヤレスコミュニケーションズ