手のひらサイズながら4K出力対応のミニPC「LarkBox」がクラファン中

何かはまる用途があれば面白そう

CHUWIが、世界最小クラスの4K対応ミニPC「LarkBox」のクラウドファンディングをIndiegogoで開始しました。

LarkBoxは61×61×43mmの手のひらサイズ。CPUとしてIntel Celeron J4115(4コア4スレッド 1.5GHz、バースト2.5Ghz)を搭載しており、4K出力にも対応しているのが特徴です。

メモリは6GBでストレージは128GB(eMMC)。なお、ストレージはM.2.SSDで最大2TBの追加が可能とのこと。

インターフェースとしては、HDMI x 1、USB 3.0 x 2、microSD x 1、3.5mmイヤホンジャック x 1。そして、充電用のUSB Type-Cが1つ。無線関係はWiFiが802.11a/ac/b/g/n(2.4GHz/5GHz)でBluetoothは5.1。

使えるUSB Type-Cがないのはやや残念ですが、あれやこれやと繋げて使う端末でもなさそうなので、これはこれでありでしょうか。

デスクトップ端末として使うよりも、デジタルサイネージやWEBカメラ用など、ちょっと豪華なRaspberry Piちっくに使うのがいいのかもしれません。

追記(6/29):CHUWIが25%オフのシークレットパークを用意してくれました。下記のリンクから、30台限定で149ドルで購入可能です。

source: Indiegogo

カテゴリ:クラウドファンディング