カテゴリ:モバイル

タブレットの第4四半期出荷台数は横ばいも、Chromebookは51%の大幅減

Chromebookはそれでもパンデミック前より高い水準を維持しているようです

Woman pointing on digital tablet screen, chatting in social networks, meeting website, searching internet, sending sms, using text messenger or online banking. Close up of female hands holding device
Image:Adobe Stock

IDCは7月29日(現地時間)、2022年第2四半期のタブレット出荷台数が前年同期比0.15%増の4050万台を記録したと発表しました。一方でChromebookの出荷台数は前年同期比51.4%減の600万台になり、減少傾向が続いているとのことです。

IDCのシニアリサーチアナリストるAnuroopa Nataraj氏は「PC に代わる安価な選択肢としてタブレット需要が続いている」「特にアジア太平洋地域(日本と中国を除く)の新規参入企業が、教育用途のデバイス需要を取り込み、低価格のデタッチャブル製品を普及させていることも特筆される」と分析。

なお、Chromebookの出荷台数は落ち込んでいますが、依然としてパンデミック前の出荷量を上回っているとのこと。IDCの Jitesh Ubrani氏は「遠隔学習の必要性により、PCと生徒の比率を1:1にするという学校の計画が加速。他のカテゴリでPC出荷台数が減少しても、Chromeはこの上昇したレベルで継続する」と予測しています。

タブレットの出荷台数トップ5メーカーは下記の通り。Amazonが大幅増になっているのは、Prime Dayの効果のようです。

Source: IDC via CNET