Nexus7の中身

device-2012-07-29-145626

Nexus7の外観レビューに続いて中身のレビューです。Nexus7には最新のAndroid4.1 Jelly Beansが搭載されています。が、ICSから目立った変化というのも特になく、目新しさはありません。

バージョンは4.1.1。一度アップデートを受け取った結果です。

デフォルトで日本語ローケルを選択可能です。

入力もiWnnがインストールされており、日本語入力も問題ありません(ATOKは後からインストールしたもの)。あと、いつもは日本語の表示はできても微妙な中華フォントになってしまうところですが、Nexus7ではフォントも綺麗に表示されています。これはNexus7がというより、JBのおかげな気がします。

ストレージの空き具合。Nexus7はmicroSDなどの外部メモリが使えないので映画などを貯めこむ人は16GBあったほうがいい気がします。

ベンチマークソフト「Quadrant」の実行結果。スコアは3787でした。

JBからデフォルトのブラウザがChromeになりました。ブックマークとかを共有できるのでPCやMacでもChromeを使っている私にはこれはうれしい変更です。

最後にカレンダー。デフォルトのカレンダーが見やすくなっていました。これは週表示ですが、月表示にしても予定のタイトルが表示されるので一覧しやすいです。

Nexus7はリファレンス機だけあって余計なアプリなどはプリインストールされておらず非常にシンプルです。そのせいなのかJBの実力なのかはわかりませんが動作は非常にキビキビしています。低価格タブレットなので決してハイエンドというわけではないのですが、動画を見たり電子書籍を読んだりと普通に使う分にはこれぐらいで十分な気がします。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。