カテゴリ:News

2系統入力/3画面出力対応のドッキングステーション「BenQ beCreatus DP1310」発売

前面の丸いのは切り替えボタン

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

ベンキュージャパンが、BenQ beCreatusシリーズの第1弾として、13-in-1ハイブリッドドッキングステーション「DP1310」を発売しました。価格は4万8900円。

2映像入力(USB Type-C / HDMI 2.1)をワンタッチで切り替えられるほか、映像出力は最大3画面(HDMI / DisplayPort)に対応。HDMIは最大4K 120Hz / 8K60Hzをサポートします。

なお、HDMI 2.1入力からの映像は、HDMI 2.1出力に接続したディスプレイにのみ表示可能です。つまり、2系統の入力を切り替えられるのは1画面のみとなります。

そのほかのインターフェースとしては、USB-C(USB 3.2 Gen2)×1、USB-A(USB 3.2 Gen2)×3、USB-A(USB 2.0)×2、3.5mmジャック、有線LAN。

DisplayLinkに対応しているので、接続ディスプレイ数に制限があるPCでもDP1310を通じて複数ディスプレイへの出力が可能です。