15.6型モバイルモニター「PD01」がクラファン中。バッテリー搭載でNintendo Switchともケーブル1本で接続可能

これの11~13インチサイズくらいが欲しいところ

UMPC、OneMixシリーズの日本正規代理店であるテックワンが、Makuakeでモバイルモニター「PD01」のクラウドファンディングを開始しました。在宅ワークで使うには、OneMixシリーズの画面は小さすぎる……という場合にも便利に使えそうです。

Makuakeでのキャンペーンは、KickstarterやIndiegogo、あるいは海外で発売されているものの先行予約が多いのですが、PD01はテックワンが深センの工場と連携し、理想とするモバイルモニターを開発したとのこと。

ディスプレイサイズは15.6インチ フルHDのIPS。1万mAhのバッテリーを内蔵しており、フル充電で10時間以上の利用が可能。また、Type-Cでデバイスと接続した場合には、モバイルバッテリとしてデバイス側の充電も行える仕様です。

インターフェースは出力用のType-Cに、本体給電用のType-C、ミニHDMI(HDMI 2.0、HDCP 1.4&2.2対応)。USB機器を充電するためのUSB 3.0、そしてmicroSDカードスロット。microSDは、PCなどとUSB Type-Cで接続した場合に外部ストレージとして利用できるもので、ディスプレイ自体にこれを利用する機能はありません。単にハブとして機能しているだけです。

この手のモバイルモニターでは、保護カバーがスタンドを兼用することが多いのですが、それだと設置角度が固定されてしまいます。その点、PD01は5°~150°の範囲で無段階調整できるキックスタンドを備えているので、見やすい角度に調整しやすいのが利点です。なお、保護カバーはどうなるのか気になるところですが、別途キャリーケースが用意されているようです。

このほか、1.5Wx2のステレオスピーカーも搭載しており、ホテルあるいはキャンプなどの宿泊先で動画を楽しんだり、自宅でもベッドルームで動画やゲームを楽しむのに使えそうです。

ところで、使用用途として、Nintendo Switchとケーブル1本で接続可能とさらっと書かれているのですが、ドックや給電も不要で手軽に接続できるのは、かなり便利ではないかと思います。

またHDMI接続の場合も、バッテリー内蔵なので別途電源を接続する必要がないのが手軽で良さそうです。

現在の出資額は2万2350円から。うまくいけば7月末までに出荷の予定となっています。