12.4インチのSurface Laptop Go発表。8万円4480円からで10月13日発売

買うなら8GBモデルを。悩む~

Microsoftは10月1日、以前から噂のあった小型ラップトップ、Surface Laptop Goを発表しました。日本でも10月13日に発売で、価格は8万4480円から。

Surface Laptop Goは、12.4インチ1536×1024(3:2)のラップトップで既存の13インチSurface Laptopより一回り小さく、Surface Goより二回り大きなサイズ。278.18×205.67×15.69mmで重さは1.1Kgと、モバイル向けノートPCといっても良さそうです。ただし、いまのところLTEのオプションはありませんが。

CPUは第10世代のCore i5-1035G1でRAMは4/8GB、ストレージは64GB(eMMC)/128GB(SSD)/256GB(SSD)。

インターフェースはUSB-C x1、USB-A x1、3.5mmヘッドホンジャック、Surface Connect x1。720pのフロントカメラを備えていますが、こちらはWindows Hello非対応。代わりに、キーボード上に電源ボタン兼用の指紋センサを搭載します。ただし、最下位の4GB/64GBモデルには搭載されていないので注意が必要です。

バッテリーは通常使用で最大13時間とのこと。実際にはそこまで持たないと思いますが、7時間程度持てば十分出先でも使えるでしょう。

個人的には、もう一回り小さく、10インチ~11インチあたりで出して欲しかったところですが、以前から希望していた小型Surface Laptopが登場したのは素直に喜びたいと思います。ただ、Surface Go 2やXPS 13もすでに手元にあるので、購入するか悩む……。

カテゴリ:モバイル