第11世代の新型Fire HD 10発表。5月26日発売、1万5980円から

これまでよりも、汎用タブレットっぽく使えるようになった感じ。相変わらずYouTubeはないけれども

Amazonが、新型Fireタブレット、Fire HD 10とFire HD 10 Plusを発表しました。価格はFire HD 10が32GB 1万5980円(税込)、64GBが1万9980円(税込)。Fire HD 10 Plusは、32GBが1万8980円(税込)、64GB 2万2980円(税込)。発売はいずれも5月26日です。

第11世代となる新モデルは、サイズが247x166x9.2mmと従来モデル(262x159x9.8mm)よりも横が短く、縦が若干増加。フロントカメラ位置も従来の単辺側ではなく、長辺側に移動しています。これまでよりも、横向きスタイルで利用することを強く意識しているのでしょう。

ディスプレイサイズは10.1インチ 1920×1200で変わりはありませんが、前モデルと比べて10%明るくなっています。また、保護ガラスには強化アルミノシリケートを利用し、耐久性が向上したとのこと。

Facebook MessengerやPrime VIdeoなど、対応アプリでは2画面表示も行えるので、映画を見ながらSNSやKindleで本を読みながらOneNoteでメモを取るといった使いかたも可能です。

CPUは2.0GHzオクタコアで、RAMは3GBに増量。Fire HD 10 PlusはRAMが4GBになるのに加え、ワイヤレス充電に対応するのが違いです。

また、今回はBluetooth接続の専用キーボード(日本語配列)も用意されています(5980円)。1回の充電で最大400時間使用可能となっています。

このキーボードとMicrosoft 365 Personal 1年分(1万1187円)がセットになったエッセンシャルセットも用意されます。別々に購入するより8999円お得とのこと。

そのほか、主な仕様を旧モデルと比較すると下記のような感じです。

仕様(旧)Fire HD 10(新)Fire HD 10
ディスプレイ10.1インチHD IPSディスプレイ
解像度1920 x 1200、224ppi
反射防止技術採用
10.1インチ 1080pフルHDディスプレイ
解像度1920 x 1200、224ppi
強化アルミノシリケートガラスのスクリーン
サイズ262 x 159 x 9.8mm247 x 166 x 9.2mm
重量504gFire HD 10 : 465g
Fire HD 10 Plus : 468g
CPU/RAM2.0GHzオクタコアプロセッサ
2GB RAM
2.0GHz オクタコアプロセッサ
3GB/4GB RAM
ストレージ32/64GB
microSD(最大512GB)対応
32/64GB
microSD(最大1TB)対応
バッテリー最大12時間最大12時間
充電時間同梱の9Wアダプタで約4時間同梱の9Wアダプタで約4時間
Plusはワイヤレス充電に対応
WiFi2.4/5.0GHz 対応2.4/5.0GHz 対応
オーディオ3.5 mm ステレオ ジャック
内蔵スピーカー
3.5mmステレオジャック
内蔵Dolby Atmosデュアルステレオスピーカー
センサーアクセロメータアクセロメータ、環境光センサー
カラーブラック、ホワイト、ブルーFire HD10 : ブラック、デニム、オリーブ
Fire HD 10 Plus : スレート
カテゴリ:モバイル