1月に読んだ本

早いもので今日から2月。もう1年の12分の1が終わったんですね。ナンテコッタイ。

そんなわけで1月に読んだ本の纏めです。1月は少なめの9冊。「竜との舞踏3」が入ったのが原因ですね。このシリーズ分量が多い……。

期間 : 2014年01月
読了数 : 9 冊
万城目 学 / KADOKAWA / 角川書店 (2010-11-25)
読了日:2014年1月28日
ロバ-ト・ブートナー / 早川書房 (2013-10-10)
読了日:2014年1月24日
オースン・スコット・カード / 早川書房 (2013-11-15)
読了日:2014年1月21日
オースン・スコット・カード / 早川書房 (2013-11-15)
読了日:2014年1月20日
藤井太洋 / 朝日新聞出版 (2013-11-07)
読了日:2014年1月16日
藤井太洋 / 朝日新聞出版 (2013-12-19)
読了日:2014年1月15日
ジョージ R R マーティン / 早川書房 (2013-11-25)
読了日:2014年1月15日
ダン・ブラウン , 越前 敏弥 / KADOKAWA / 角川書店 (2013-10-25)
読了日:2014年1月7日
ダン・ブラウン , 越前 敏弥 / KADOKAWA / 角川書店 (2013-10-25)
読了日:2014年1月6日

「ホルモー六景」は鴨川ホルモーの続編というか後日譚。まだまだ続編が出そうな思わせぶりな内容です。

「エンダーのゲーム」は映画が公開されるというので読んでみました。エリート養成はこうあるべき、みたいな内容ですが、主人公のエンダーがひたすらいじめ抜かれつつも腐らずに頑張るという若干現実味がない内容でもあります。終わり方は救いがあっていいですね。

竜との舞踏3は氷と炎の歌の第5部完結。正直、ここで終わるの?という終わりかたで、続きが気になって仕方がないです。第4部から第5部出版まで実に5年かかったわけですが、第6部はいつ出るんだろうか……。

1月は読書量を減らして動画を〜なんて考えていましたが、なかなか習慣から抜けだせません。でもそろそろ読みたいと思う本がなくなってきたのどうしたものか。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。