充電に必要なアタッチメントが1つになった「スマートリンクカード」にPRO版が登場

カードサイズではなくなり、それ自体が財布っぽくなりました

USB-C to micro USBや、USB-C to Lightning、USB-A to USB-Cなど、出先での充電に必要となりそうなケーブルとアタッチメントがカードサイズに収まったスマートリンクカード。そのモデルチェンジというか上位版がMakuakeに登場しました。

あらたにMakuakeで先行予約販売を行っているのは、「スマートリンクカードPRO」。スマートリンクカードの基本機能はそのままに、充電ケーブルが従来のUSB-C to USB-C(26mm)に加え、USB-C to Lightning(19cm MFI認証取得済み)も付属します。

また、ケーブル自体も20V/3Aの60Wに対応。PD利用時も最大60Wに対応します。

このほか、外観的な大きな違いとしては、カードイサイズでサイフにも入れられたスマートリンクカードと違い、PROは小さな手帳型に。代わりにカードポケットが付きました。普段、キャッシュレス決済がメインだというなら、こちらをサイフ代わりにできるかもしれません。

Makuakeでの価格は5746円から。2022年1月までに出荷の予定となっています。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。