格安だけどカメラ性能はZenFone 3と同等(あるいは、それ以上) ZenFone 3 Laserをレビュー

2017.1.14

バリューコマース経由でUQ Mobileから昨年11月末に発売となったZenFone 3 Laserをお借りました。

若干今更感はありますが、せっかくなのでレビューをしたいと思います。

お手頃ミドルクラスはZenFone 3 Laser

ZenFone 3シリーズは、国内では5機種(海外ではZenFone 3 Zommを含め6機種)リリースされていますが、スペック的には下から2番目のミドルクラス端末となります。

  • ZenFone 3
  • ZenFone 3 Deluxe(2モデル)
  • ZenFone 3 Ultra
  • ZenFone 3 Laser
  • ZenFone 3 Max

スペック

主なスペックを先代のZenFone 2 Laser、兄貴分のZenFone 3(ZE520KL)と比較してみます。

仕様 ZenFone 2 Laser
ZE500KL
ZenFone 3 Laser
ZC551KL
ZenFone 3
ZE520KL
ディスプレイ 5.0インチ 5.5インチ 5.2インチ
解像度 1280×720 1920×1080 1920×1080
プロセッサ Snapdragon 410 Snaodragon 430 Snapdragon 625
RAM 2GB 4GB 3GB
ストレージ 16GB + microSD 32GB + microSD(最大128GB) 32GB + microSD(最大2TB)
メインカメラ 13MP 13MP f/2.0
レーザーAF
電子式手振れ補正(3軸)
16MP f/2.0
レーザーAF
光学式手振れ補正(4軸)
フロントカメラ 5MP 5MP 8MP
高さ 143.7mm 149mm 146.8mm
71.5mm 76mm 73.9mm
厚さ 10.5mm 7.9mm 7.69mm
重さ 145g 150g 144g
WiFi 802.11b/g/n 802.11b/g/n 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0 4.2 4.2

写真レビュー

正面。一目でZenFoneだとわかりますね。
ナビバーがオンスクリーンではないのもZenFone 3と同じです。

背面。
ZenFone 3はガラスバックでしたが、ZenFone 3 Laserはアルミとなっています。
カメラや指紋センサの配置はZenFone 3と同じです。

正面向かって右側にボリュームと電源ボタン。
ほとんどわかりませんが、ZenFone 3と同様にキーには滑り止め加工がされています。

向かって左側にはSIMスロット。

mini SIMとnano SIMのDual SIM仕様ですが、nano SIM側がmicroSDと兼用になっています。
また、4Gと3GのDSDSには非対応です。

上面に3.5mmジャック。

底面にスピーカーとmicroUSBポートがあります。

スペック上、ZenFone 3よりも重いのですが、手に持ってみるとZenFone 3よりも軽く感じます、
ZenFone 3がガラスでZenFone 3 Laserはアルミという違いがあり、手で振れたときの感触の違いなどもあって軽く感じるのだろうと思います。

背面が湾曲してることもあり、5.5インチと大型の端末ながら手の収まりはとてもいいです。
正直、ZenFone 3よりも持ちやすく感じます。

そんなZenFone 3と並べると一回り大きいのがわかります。

ほとんどわかりませんが、カメラ部分はLaserのほうが若干小さいです。

ベンチマーク

各種ベンチマークの結果は下記の通り。

アプリ ZenFone 3 Laser
Snapdragon 430
ZenFone 3
Snapdragon 625
Freetel REI
MediaTek MT6753
Quadrant 22292 38068 21771
AnTuTu 44101 57439 36110
GeekBench シングル:640
マルチ:2047
シングル:827
マルチ:3986
シングル:615
マルチ:2793
3DMark 294 464 195

さすがにZenFone 3には劣りますが、特にもたつきなどは感じられず、普段使いする上では問題は無さそうです。

デレステはやや厳しい

デレステは、画像は綺麗ですが、3D標準でプレイすると若干ですがカクツキを感じます。
1曲プレイするだけで背面もそれなりに熱を持つので、快適にプレイできる、とは言い難いですね。

スクリーンショットいろいろ

カメラはかなり優秀

Laserシリーズのウリであるカメラ機能ですが、ZenFone 3譲りでかなり優秀なようです。
フォーカスも早くHDRも自然な感じで撮影ができます。

ただフォーカス時の音がかなり大きく、ここだけマイナスです。

搭載しているモードはZenFone 3と基本同じなのですが、「ZenFlash」が標準搭載になっています。
この「ZenFlash」、別売りのフラッシュモジュールを使う際のモードですが、従来は別アプリとなっていました。

ちなみにZenFone 3 Laserはシャッター音を無音にはできないのですが、なぜかZenFlashモードで、マナーモードを有効にした場合のみシャッター音を消すことができます。

19,800円ならお買い得

ZenFone 3 LaserはASUSの公式ショップでは27,800円ですが、UQ Mobileでは19,800円で販売しています。

カメラ性能を考えると定価でも十分に安く、同価格帯では直接競合するような製品も無さそうです。
これが19,800円ならお買い得です。

「格安のSIMフリー端末が欲しいけど、カメラもいいものを・・・」と考えている人にはぴったりだと思いますよ。

UQ mobile

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top