Yahoo!カーナビが普通にカーナビとして使えて、もうカーナビはこれでいいんじゃないかというレベルでした

2016.8.10
2016-08-10_15.44.44_081016_093039_PM

以前から「カーナビいらずだ!」と話題になっていたYahoo!カーナビ。
「そんなことを言っても、実際のカーナビと比べて使い勝手や機能などで劣るんでしょ?」と思ってこれまで試していなかったのですが、今回、下田に旅行するのに使ってみたら、本当に「カーナビいらずだ!」とこれまで使っていなかったのを後悔するレベルでした。

実際のカーナビとそん色ないYahoo!カーナビ

うちの車に付いているカーナビは5年前のもので、データも更新していないため新東名をはじめここ数年で開通した新しい道路には対応していません。
普段は遠出をすることもめったにないし、あっても首都高だけナビしてもらえればなんとなかるというレベルだったので気にしていなかったのですが、下田旅行に際し、さすがに不安が残るということで途中までGoogleマップのナビを併用していました。

しかし、Googleマップのナビだと高速道路でのパーキングやサービスエリアの案内も出ないし、音声案内自体が不親切だったりするので、実際に使い続けると結構ストレスが溜まります。

そんなわけで、「そういえば・・・」と思い出してYahoo!カーナビをインストールしたのですが、これが本当にカーナビとそん色なく、非常に便利でした。

Yahoo!カーナビ - 無料で使える本格カーナビアプリ

Yahoo!カーナビ – 無料で使える本格カーナビアプリ
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted with アプリーチ

高速道路の案内や次の次の曲がる方向も表示

Yahoo!カーナビは、本物のカーナビと同様の高速道路の表示だったり、次に曲がる方向だけでなく、その次の方向まで表示してくれたりするのが本当に便利です。

音声での通知も実際のカーナビとほぼ変わらず、信頼できると感じました(実際のカーナビと同時に使っていました)。

2016-08-10 02.13.45

Yahoo!アカウントでログインすれば、交通情報も利用可能で、目的地への到着予想時刻も渋滞を加味した時間で表示されていました。

また、Goole Mapを利用していた時には気になったバッテリの消費ですが、今回はXiaomi Mi Maxを利用して渋滞込みで片道5時間ほど使ったところ、バッテリは50%以上残っていました。

不満点もいくつか

便利すぎて、次からはカーナビではなくYahoo!カーナビを使おうと心に決めるぐらいに気に入ったのですが、不満点(不安点)がないわけではありません。

地下では役に立たない

まず、カーナビではなくスマートフォンのアプリなので仕方がない点ではあるのですが、GPSを補足できない地下や山間部のトンネルではナビが使えません。
本物のカーナビであれば車の走行情報をなど取得して地図上の動きを再現できるのですが、スマホのアプリだとそういう芸当はできません(いずれはできるようになるのだろうけど)。

もっとも、地下やトンネルではカーナビに頼る必要があるような分岐はほぼないので問題はないといえばないですが、首都高速湾岸線の山手トンネルなどでは必要になってきそうな気がします。

距離優先?で細い道を指示される

これはたまたまなのかもしれませんが、すぐ隣に広い2車線の道があっても、細い県道をナビされるというシーンが何回かありました。
距離的に近いのは間違いないけど、こんな道普通は通らないよね、という感じのところもあったので、盲目的にYahoo!カーナビの指示を信じるのはちょっと怖いかも。
もっとも、道がわからないからナビに頼っているのですけどね・・・。

設定でなにかしら変更できるのかもしれませんが、多少遠回りになっても広い道を優先してナビしてくれるようなオプションが欲しいところです。

ダッシュボードに設置すると温度が心配

これはYahoo!カーナビが悪いわけではないのですが、スマートフォンをダッシュボードに設置するので夏場は直射日光を受けて本体の温度が急上昇します。
それでも止まることなくナビし続けてくれたので優秀といえば優秀なのですが、設置場所の工夫は必要かもしれません。

今回はSpigenのステルスでダッシュボードに固定していました。

エアコンの吹き出し口に止めるようなタイプだと、冷却もできてよさそうだけど、大き目なスマートフォン(ファブレット)だと邪魔になるのですよね・・・。

ステルスにUSBで接続できる冷却用のファンなんかがあるといいのかもしれない。
作れるかな?

まとめ

日本でもAndroid Autoの提供が開始されましたが、やっぱりカーナビはスマートフォンとの連携を重視する方向に進むのだろうなぁという気がします。

Android Auto

Android Auto
開発元:Google Inc.
無料
posted with アプリーチ

ただ、カーナビ自体にSIMがさせてインターネット接続が可能になるなら、専用機ならではの特徴を持ったナビが作れるかもしれません。
とてもIoTっぽいし、じつはどこかがやってたりするのかな?

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

MMD研究所、「女性のスマートフォン利用実態調査」結果を公開 使用しているスマートフォンがiPhoneが圧倒的

MMD研究所が「女性のスマートフォン利用実態調査」というレポートを公開しました。 女性のスマートフォン利用実態調査 対象は15歳~49歳の女子高生、女子大生、社会人独身女性、既婚女性の計1,574人。

Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始

Amazonがスタートアップの製品のみを掲載する「Amazon Launchpad」を日本でもスタートさせました。 Amazon Launchpadはスタートアップ企業が手掛ける製品のみを扱う特設スト

Y!mobile、Android One第2弾となるS1、S2を発表

Y!mobileが国内のAndroid One第2弾となるAndroid One S1、S2を発表しました。 国内Android Oneの第2弾 Android Oneは、NexusやPixelと同様

Vineの後継サービス「Vine Camera」がリリース 使い勝手はVineそのもの

6秒動画の投稿サービス、Vineが昨日1月17日に終了してしまいましたが、代替サービスとして「Vine Camera」がリリースされています。 Vine 開発元:Vine Labs, Inc. 無料

microUSB-USB-Aの両端がリバーシブル仕様になったABOATのUSBケーブル3本セットがお買い得

上下の区別がないUSB Type-Cケーブルはとても便利ですが、まだまだmicroUSBな端末も多いです。 そんな人にも便利そうな、両端のmicroUSB、Type Aとも両面挿しが可能なケーブル3本

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

日本Microsoftが本日(1月16日)からSurface Pro 4の価格を値下げすることを発表しました。 Surface Pro 4が最大78,000円の値下げ Surface Pro ...

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

キーボードとゲームパッドが付いた小型PC「GPD WIN」。 小さくてもWindows PCなので、PlayStation 4のリモートプレイをインストールして、PS4のゲームをプレイすることが可...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

honor 8へのアップデートが開始されたAndroid 7.0 Nougatはデフォルトで画面分割モード(2画面モード)に対応しています。 画面分割モードはその名の通り画面を2分割して別々のアプ...

MENU

back to top