Xperia X Performanceで非対応になった4K撮影を行う方法

2016.6.6 (更新日:2016.06.09)
Xperia X Performance 4K

一時期はXperiaのアピールポイントでもあった4Kでのビデオ撮影ですが、最新のXperia X Performanceでは4K撮影に非対応となりました。
「Xシリーズでは「速く正確に撮影できること」を最優先に考えたから(出典:ITmedia)」ということですが、標準アプリでは非対応となった4Kも3rdパーティのアプリを使えば撮影可能です。

追記:試しに標準カメラアプリで動画撮影をしたところ、15分ほどで温度上昇のため撮影が終了してしまいました。
Open Cameraでは問題なかったので、標準カメラアプリの問題なのかな?

4Kビデオ撮影はスマートフォンには早すぎた?

Xperia X Performanceが4K撮影に非対応な理由は、発表時の説明では「速く正確に撮影できることを最優先に考えたから」ということのようです。また、過去機種での4K撮影の利用動向を踏まえての判断だったとも言っています。

たしかに4K撮影って利用したことはないですね。

また、4K撮影については、Xperia ZL2、Galaxy S5が出たときに試してみたことがあるのですが、そのときは3分弱で温度上昇により停止するという結果でした。

しかし、Xperia X Performanceは発熱も抑えられているし、4Kテレビなども普及して4Kを見る環境も数年前からするとだいぶ整ってきており、いまこそ4K撮影が真価を発揮するときなのではないかなぁという気がします。

そんな4K撮影ですが、3rdパーティのアプリを使えばXperia X Peformanceでも対応可能になります。

Open Cameraを使って4K撮影

今回はOpen Cameraというアプリを利用しました。

Open Camera

Open Camera
開発元:Mark Harman
無料
posted with アプリーチ

このアプリの設定で4K解像度(3840×2160)@30fpsでの動画撮影が可能になります。

Open Camera

Xperia X Performanceで4K撮影 温度上昇もなく問題なく撮影可能

実際にXperia X Performanceにインストールして撮影してみたところ、問題なく撮影できました。
30分ほど撮影してみたのですが温度上昇で終了することもなくまだまだ撮影可能なようでした。

2016-06-06 07.34.38

30分の撮影後でも背面の温度は40.1℃ほど。

Xperia X Performance 4K

なお、ファイルサイズは30分の動画で3.7GBとなりました。

2016-06-06 05.06.23

他機種での4K撮影

比較のため、他機種でも4K撮影を行ってみました。

Xperia Z5 Compact

まずは標準アプリで4K撮影に対応しているXperia Z5 Compactです。

Xperia Z5 Compact 4K

撮影開始から9:33で温度上昇により撮影が止まりました。

この時の背面温度は46℃を記録。

Xperia Z5 Compact 4K

この結果だけだと、「Xperia X Performanceが優秀なのではなくOpen Cameraが優秀なのではないか?」という疑念もあったので、Xperia Z5 ComapctにOpen Cameraをインストールして試してみたところ、5分ほどで熱暴走が原因とみられるフリーズを起こしました。

このときの背面温度は45℃。

Xperia Z5 Compact 4K

やはりアプリのせいではなく、XPeria X Performanceが優秀なようです。

Galaxy S7 edge

続いてGalaxy S7 edge。これも標準アプリで4K撮影に対応しています。
ただし、4Kでの動画撮影は録画時間が10分までに制限されています。

仕方がないので、10分撮影して録画が終了したら、すぐに新規で撮影を開始する、ということをしてみたところ、2回目の撮影開始直後に温度上昇の警告が出て終了してしまいました。

Galaxy S7 edge 4K

この時の背面温度は40℃ほど。

2016-06-06 14.23.35

Galaxy S7 edgeの閾値は低めに設定されているみたいですね。

Xperia X Performanceは4Kを開放しても良かったのでは?

今回の結果だけをみると、Xperia X Performanceは4K撮影を開放してもまったく問題がなかったのではないかと思えます。
温度上昇により多機能への影響等も考慮しての結果だったのでしょうけど、少しもったいないですね。

そんなわけで、もしXperia X Performanceでどうしても4K撮影をしたいという人は、今回使ったOpen Cameraなどを利用すれば問題なく撮影ができるので、覚えておいてください。
ファイルサイズが大きくなるので、そこだけは注意が必要ですけど。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

あなたの一票でシリーズ化! Amazonがオリジナル作品でシリーズ化してほしいものを選ぶアンケート調査を実施中

Amazonプライムビデオで、日本未公開のAmazonオリジナル作品のパイロット版(第1話)を観て、今後その続きを観たい(シリーズ化してほしい)と思った作品を選ぶというアンケート調査を行っています。

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、なん

Prime Musicを聴くだけ! 抽選で5,000円のAmazonギフト券が当たるキャンペーンがスタート

AmazonがPrime Musicを聞くと2000名に5000円のAmazonギフト券が当たるというキャンペーンを開催しています。 プライム会員限定のキャンペーンですが、無料期間中でも参加OKとなっ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

MENU

back to top