Xiaomiの廉価版スマートフォン Redmi 3Sをレビュー

2016.8.30 (更新日:2016.11.05)
Redmi 3S

中国のESショップ、GearBestからXiaomiの廉価版スマートフォン、Redmi 3Sを提供して頂いたので、さっそくレビューしたいと思います。

低価格なミドルクラス端末 Redmi 3S

Xiaomiといえばハイスペックだけど低価格なことでおなじみ(最近の中国国内では単に「安いメーカー」という印象が定着してしまい失速しているそうですが)ですが、Redmiシリーズはその中でも廉価版となるモデルです。

Redmi 3Sは6月に発売された端末で、1月に発売されたRedmi 3の改良版となります。
モデルとしてはRAM 2GB + ストレージ16GBの通常版のほか、RAM 3GB + 32GBのハイスペック版がありますが、今回いただいたのは前者の2GB/16GBモデルです。

Redmiシリーズにはほかにも大画面のNoteやスペックが強化されたProなどがリリースされています。

スペック

Redmi 3Sの主なスペックは下記のようになっています。

Redmi 3S
ディスプレイ 5インチ 1280 x 720
プロセッサ Snapdrago 430 1.4GHz x 4 1.1GHz x 4 オクタコア
RAM 2GB
ストレージ 16GB + microSD(最大128GB)
メインカメラ 13MP f/2.0
フロントカメラ 5MP f/2.2
バッテリ 4,100mAh
高さ 139.3mm
69.6mm
厚さ 8.5mm
重さ 144g
WiFi 802.11b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth 4.1
指紋センサ
NFC 非搭載

中国での定価は699元(約11,000円)、GearBestでは$129.69(約13,000円)で販売中です。

写真レビュー

まずは写真レビューです。

同封物はmicroUSBケーブルとUSB-ACアダプタ、そしてSIM抜きピン。

2016-08-30 17.06.19

正面は非常にシンプルですね。
ナビキーはオンスクリーンではなく外に出ています。

redmi 3s

背面には指紋センサ搭載。
なお中央部分はアルミですが、上下はプラスチックパーツです。

Redmi 3S

正面向かって右側面に電源とボリューム。

redmi 3S

左側面にSIMスロットがあります。

redmi 3s

SIMはデュアルSIMですが、4G+3Gのデュアルスタンバイには非対応です。
SIM2がmicroSDと排他になっています。

redmi 3s

上部には3.5mmジャック。

redmi 3s

下部にはmicroUSBがあります。

redmi 3s

少し厚みはありますが、背面のコーナーが丸みを帯びているので手に持った感じは悪くないです。

redmi 3s

他端末との比較

iPhone 6sと比べるとサイズ的には同等という感じですね。
厚みはRedmi 3Sのほうがあります。

redmi 3s

同じXiaomiのMi Maxと比較。
正面の雰囲気は縮小コピーという感じです。

redmi 3s

ベンチマーク

各種ベンチマーク結果は下記のとおり。
比較対象があったほうがわかりやすいので、FREETEL REIも併記しています。

アプリ Redmi 3S Freetel Rei(麗)
Quadrant 18280 21771
AnTuTu 42369 36110
GeekBench 3 マルチ:2871
シングル:660
マルチ:2793
シングル:615
3DMark 287 195

REIのプロセッサはMediaTek MT6753ですが、Snapdragon 430はそれよりもわずかに性能がよさそうですね。

OSはMIUI 7.5

OSはXiaomiのカスタムOS、MIUI7.5がインストールされていました。
日本語表示に対応していたので、おそらくGearBestがカスタムROMを焼いているのだと思います。

ただ、入っていたのがグローバル版だったので、フォントはいわゆる中華フォントにはならずにきれいに表示されています。

カメラ フォーカスはやや遅め

Xiaomi Mi Maxのカメラはかなり良かったのですが、Redmi 3Sは廉価版だけあってカメラもそれなりです。

以下、すべてHDRがONの状態ですが、Redmi 3Sはかなりざらついた印象です。
Mi Maxも近いですが、Redmi 3Sよりかはいいですかね。

Remi 3S

Remi 3S

まとめ エントリーモデルを買うくらいならRedmi 3Sのほうが幸せになれそう

はっきり言うと、国内の1万円台のモデルを買うくらいなら、Redmi 3Sを購入したほうが使い勝手もろもろ含めて満足度は高い気がします。

MIUIは好みがわかれるかもしれませんが、慣れると使い易く、他の端末にも入れたくなってきます。

しかし、Xiaomiはいい端末を安く作ってるのに、「安売りメーカー」という印象を持たれてしまったのはかわいそうな気もします。
マーケティング戦略の失敗なんでしょうけど、難しいですね。

Xiaomi Redmi 3S 2GB/16GB
Xiaomi Redmi 3S 3GB/32GB

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEモバイルにLINE MUSICもカウントフリーになる「MUSIC+プラン」が誕生

LINEモバイルに新プランとなる「MUSIC+プラン」が誕生しました。 LINE MUSICがカウントフリーになるMUSIC+ LINEモバイルではLINEアプリがカウントフリー、つまりデータ量を消費

Windows Helloに対応したセキュリティ認証デバイス「Yubikey」の使い勝手を試してみた

2016年9月にWindows Helloに対応したこともあり、昨年末あたりから海外サイトで何かと話題を目にするようになったYubikeyを購入してみました。 認証デバイス Yubikey Yubik

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記の通り。

BIGLOBE、2月1日から事務手数料に「SIMカード準備料 394円」を追加

Biglobeが2月1日申し込み分から、SIMカード準備料として394円(税別)が新たに発生すると発表しました。 【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」SIMカード発行時の「SIMカード準備料」

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導入さ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

日本でも提供が開始されたスターアップの製品を扱うAmazon Launchpad。 関連:Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始...

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導...

任天堂のスマートフォンゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」発表 iOS/Androidとも2月2日に配信開始

任天堂のスマートフォンゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」発表 iOS/Androidとも2月2日に配信開始

任天堂のスマートフォン向けアプリ第3弾として、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が発表されました。 配信予定は2月2日となっています。 既存のファイアーエムブレムシリーズの移植ではなく、スマー...

MENU

back to top