今更だけど、Xiaomi Mi Pad 2をレビュー メディアプレーヤーとしては良さそう

2017.2.17
Xiaomi Mi Pad 2

中国のECサイト、GearBestからXiaomi Mi Pad 2を提供頂きました。
Mi Pad 2にはWindows 10モデルもありますが、今回のはAndroid版、RAM2GB ROM16GBモデルです。

発表からすでに1年以上経っている端末ですが、あらためて紹介したいと思います。

広告

Xiaomi Mi Pad 2

外観

まず外観。
発表時はiPad miniにそっくりだ!なんて話もありましたが、タブレットは結局のところみんな同じようなデザインになっちゃうのだし、そんなに気にはならないかな?
ただ上下はともかくとして、左右のベゼルはもうちょっと頑張ってほしかったかも。

背面はシンプル。
miのロゴは彫り込んであります。

向かって右側に電源とボリューム。
左側にはなにもありません。

上面に3.5mmジャック。

下面にUSB-C。

一応片手でも持てますが、約331gと重いので持ち続けるのはちょっとしんどい。
素直に両手で持つべきでしょうね。

ベンチマーク

各種ベンチマークの結果です。
Mi Pad 2はAtom x5-Z8500なので、同じくAtom x5-Z8550のYOGA BOOK、Snapdragon 808のNexus 5Xと比較してみました。

ベンチマークソフト Mi Pad 2 YOGA BOOK Nexus 5X
Quadrant 153226 未計測 18952
AnTuTu 81848 86004 58218
Geekbench(シングル) 1049 1136 897
Geekbench(マルチ) 2886 3214 3051
3DMark 1283 1055 1045

おおむね、Snapdragon 808~810あたりの性能ですかね。
普通に使っていてもたつきなどは感じませんでした。

ちなみに、いつものデレステは画面が大きいだけに快適にプレイというわけにはいきませんでしたが(指が届かない)、カクついたり、取りこぼしたりということはありませんでした。

▲画像は粗め。解像度が高いと粗くなる?

中身について

届いたのはMIUI 8.2.16.0.0というバージョン。
しかし公式を見ると最新は8.2.1.0のはず・・・?

っていうか、Google Playが入っていて日本語表示が選べる時点でカスタムROMになっているということなんですけどね。

▲カスタムROMの証でもあるテープ。このテープほんとやめてくれないかな。

そのままでもおおむね問題はないのですが、アップデートができなかったり、純粋に気分が悪いのであとで純正ROMに入れ変える予定です。
Mi Pad 2用のRemix OSもあるようなので、そちらにするかもしれませんが。

microSDが使えないので16GBだとさすがに厳しくなるかも。

メディアプレーヤーとしては快適

ストレージの少なさが心もとないですが、画面も大きく反応もいいので、動画プレーヤーや電子書籍リーダとしては優秀です(ちょっと重いけど)。
特に動画は快適ですね。

▲けっこういい音がでます。

GearBestでセール開催中

GearBestでは現在「春セール」を開催中。

今回のMi Pad 2もクーポンコード「XM16IT」を適用すると19300円で購入可能です。


▲セールサイトでは20213円と書いてるけど、19300円で購入可能

XiaoMi Mi Pad 2 16GB ROM

GearBestで購入

なお、16GBじゃ足りないという場合は64GBバージョンもあります。

XiaoMi Mi Pad 2 64GB ROM

GearBestで購入

タグ: , ,

back to top