ポストXperia Z Ultraの本命 Xiaomi Mi Maxの詳細レビュー

2016.7.12 (更新日:2016.07.13)
XIaomi Mi Max

先日紹介したXiaomi Mi Maxが届きました。

早速フォトレビューを中心にファーストインプレッションをお届けします。

今回の購入はGearBest

Xiaomiの製品は基本的に中国圏での販売がメインなので、香港での販売が始まらないと入手に難があるのですが、GearBestという中国の通販サイトで日本へ直送してくれました。

Mi MaxにはストレージとRAM容量の違いで3つのバージョンがありますが、購入したのは最下位のRAM3GB、ストレージ32GBのモデルです。
本体が$266.89、DHLでの送料$5.07、保険が$6.34でトータル$277.10、PayPal決済で29,038円でした。
そういえば今回は国内消費税なかったですね。

GearBestについてはあらためて紹介したいと思います。

Xiaomi Mi Maxのフォトレビュー

まずはフォトレビューから。
パッケージはこんな感じです。
Xiaomiの製品は初めて購入しましたが、非常にシンプルですね。

Xiaomi Mi Max

側面に「US」というシールがあったのですが、これは米国向けということ?

Xiaomi Mi Max

同封物は本体のほか、SIM抜きピンと簡単な注意書き、microUSBケーブル、USB-ACアダプタのみ。
ACアダプタは日本や米国と同じAタイプだったのでやっぱり米国向けっぽいですね。

Xiaomi Mi Max

正面は非常にシンプルです。
ナビゲーションバーはオンスクリーンではなくディスプレイ外に出ています。

ガラス面は周辺がわずかに湾曲している最近はやりの2.5Dというやつですね。
見栄えはいいのですが保護シートが貼り難いので、あまり好きではありません・・・。

Xiaomi Mi Max

背面には指紋センサがあります。
背面中央部分はアルミ筐体ですが、上下はプラスチックになっています。

Xiaomi Mi Max

正面向かって右側面にボリュームと電源。

Xiaomi Mi Max

正面向かって左にSIMスロットがあります。

Xiaomi Mi Max

SIMスロットはSIM1がnanoSIMとmicroSDの兼用、SIM2がmini SIMです。
4G+3Gのデュアルスタンバイに対応しています(後述)。

Xiaomi Mi Max

上面には3.5mmジャックと赤外線でしょうか?

XIaomi Mi Max

底面にはmicroUSBとスピーカー。

Xiaomi Mi Max

背面の両端がGalaxy S7 edgeのエッジスクリーンのように湾曲しているので、手に持ったときにあたりが柔らかく非常に持ちやすいです。
何とか片手でつかめるサイズですね。

Xiaomi Mi Max

4G + 3Gの同時使用が可能

最近徐々に対応機が増えてきている4G + 3Gのデュアル待受け。
どういうことかというと、これまではデュアルSIMといっても1つのスロットに4G(LTE)/3GのSIMを挿すと、もう一方は2G(GSM)しか使えないというのが普通でした。

しかし、Mi Maxでは片方にLTEのSIMを挿しても、もう一方で3Gの利用も可能になっています。

これで何ができるのかというと、片方にキャリアに通話かけ放題のSIMを挿し、ネットへの接続はもう片方に挿した格安SIMを使うとか、海外では通話は日本で使っていたものをそのまま使うけど、ネットは現地で調達したSIMで・・・ということが可能になります。

サイズ的に通話で使うのは苦しいかもしれませんが、Z Ultraを通話で使っているという人もいるので、アリなのかもしれませんね。

2016-07-12_03.07.50_071216_123454_PM

カスタムOSのMIUI 7.8を搭載

HUAWEIの端末もカスタムOSのEMUIを搭載しており、そちらはまだ設定画面などにAndroidの面影が残っているのですが、XiaomiのMIUIは設定画面も独特で慣れるまでかなり戸惑います。
どこに何があるのか探すだけで一苦労でした。

なお、日本語表示にはデフォルトで対応していますが、フォントはいわゆる中華フォントです。

他機種との比較

Xiaomi Mi Maxのスペック

Xperia Z Ultra Mi Max HUAWEI P8 MAX
ディスプレイ 6.44インチ 6.44インチ 6.8インチ
解像度 1920×1080 1920×1080 1920×1080
プロセッサ Snapdragon 800
2.2GHz クアッドコア
Snapdragon 650
1.8GHz ヘキサコア
Kirin 935
2.2GHzx4 1.5GHzx4 オクタコア
RAM 2GB 3GB 3GB
ストレージ 16GB+microSD 32GB+microSD(最大128GB) 32GB+microSD(最大32GB)
高さ 179.4mm 173.1mm 182.7mm
92.2mm 88.3mm 93mm
厚さ 6.5mm 7.5mm 6.8mm
重さ 212g 203g 228g
リアカメラ 8MP 16MP 13MP
フロントカメラ 2MP 5MP 5MP
バッテリ 3,050mAh 4,850mAh 4,360mAh
指紋センサ × ×
防水防塵 IP55,58 × ×

サイズ比較

気になっている人が多いと思う、Xperia Z Ultraとの比較です。
ディスプレイサイズは同じですが、全体にMi Maxのほうがコンパクトですね。

左:Xperia Z Ultra、右:Mi Max

左:Xperia Z Ultra、右:Mi Max

HUAWEI P8 Maxとも並べてみました。6.8インチだけあって一回り違います。

左:HUAWEI P8Max, 右:Xiaomi Mi Max

左:HUAWEI P8Max, 右:Xiaomi Mi Max

3台並べると、Mi Maxの小ささが際立ちます。

左からP8 Max、Z Ultra、Mi Max

左からP8 Max、Z Ultra、Mi Max

ベンチマーク比較

各種ベンチマークの結果も比較してみます。

Mi MaxはSnapdragon 650とミドルクラスなSoCなのですが、2年前のハイエンド、Snapdragon 800を軽く超えていますね。
3Dゲームも含め、ほとんどのアプリは問題なく動きそうです。

Xiaomi Mi Max Xperia Z Ultra HUAWEI P8 MAX
Quadrant 29349 3776 13176
Antutu 79002 55782 49840
Geekbench3 Single: 1492
Multi: 3695
Single: 930
Multi: 2776
Single: 876
Multi: 3535
3DMark ES3.0: 1335
ES3.1: 861
ES3.0: 1090
ES3.1: 非対応
ES3.0: 67
ES3.1: 70

以下はXiaomi Mi Maxのエビデンスです。

16MPのカメラは伊達じゃない

ファブレットのカメラというとおまけ程度のものが多い印象なのですが、Mi Maxには16MPのカメラが搭載されており、普通に使える印象です。

XIaomi Mi Max

せっかくなのでGalaxy S7 edge、Xperia Z Ultra、HUAWEI P8 Maxの写真と比べてみます。
すべての機種でHDRをONにしています。

カメラのインターフェースは非常にシンプルですが、横に構えて下からのスワイプでフィルター設定、上からのスワイプで各種設定の画面が表示されます。

2016-07-12 02.53.03
フィルター設定

フィルター設定

各種設定

各種設定

3万円以下で買える端末としては破格の出来

前から言われていることですが、この端末が3万円以下(香港での価格は約23,000円)で買えるというのは驚き以外の何物でもないです。
国内だとエントリー~ローミドルな端末の価格ですが、まったくもって太刀打ちできないでしょう。
5万円代のハイミドル~ハイエンドくらいの性能は持っていると思います。

こういうのを日本メーカーが出して欲しいのだけど、無理なのかなぁ。

Xperia Z Ultraの後継になり得るかという点ですが、個人的には十分にアリだと思います。
ただ、防水がないのだけが残念ですね。
これで防水だったら完璧だったのだけど・・・。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

NifMo、2月1日から月額料金そのままでデータ容量を増加(5GB→7GB、10GB→13GB)

NiftyのMVNO(格安SIM)、NifMoが2月1日より月額料金はそのままで、データ通信プランの容量を増加すると発表しました。 実質的には値下げですね。 料金据え置きでデータ容量が増加 NifMo

Google、インストールせずに利用できるAndroid Instant Appsを限定公開

Googleが2016年5月のGoogle I/Oで発表した、Android端末上でインストール不要で利用できるInstant Appを限定リリースしたと発表しました。 通常、Androidでは(ほか

マイニンテンドーストアが復活 ただしSwitchのカスタマイズ本体予約は終了

1月23日(月)にマイニンテンドーストアがオープンしましたが、実際には23日深夜になってもエラー表示でつながらず、Nintendo Switchの予約を行うことはできませんでした。 しかし24日午前中

Android標準の電卓がアップデート 履歴表示やメモリ関連機能が追加

Android標準の電卓アプリが7.2にアップデートされ、見た目ではわかりませんが非常に使いやすい機能が追加されています。 まず見た目ですが、文字の色が濃く(黒く)なりました。 ※フォントの違いは機種

BIGLOBEのエンタメフリーオプション、2月にも対象サービスが追加される予定

BIGLOBEが提供しているYoutubeやAbemaTVなどのデータ通信がカウントされない「エンタメフリー・オプション」ですが、2月中にも対象サービスが追加されるようです。 エンタメフリーオプション

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Android 7.0 Nougatではタスクボタンのダブルタップで直前に表示していたアプリに切り替え可能

Android 7.0 Nougatではタスクボタンのダブルタップで直前に表示していたアプリに切り替え可能

Android 7.0 / 7.1 Nougatでは以前にも紹介したマルチウィンドウ機能やイースターエッグなど、存在がわからない機能があるのですが、そんな中の一つにタスクボタン(マルチタスクボタン...

AUKEY、日替わりで対象製品が半額になる「当日だけのお買い得」キャンペーン、対象製品が最大79%オフの「2017新春セール」を開催

AUKEY、日替わりで対象製品が半額になる「当日だけのお買い得」キャンペーン、対象製品が最大79%オフの「2017新春セール」を開催

AUKEYが1月23日~2月6日の間、日替わりで対象製品を半額で購入できるというキャンペーン、そして1月23日~2月1日には「2017新春セール」として対象製品が最大79%オフになるキャンペーンを...

格安SIMを利用しているスマートフォンはiPhone 5Sが最多 MMD研究所主催の勉強会で格安SIMの最新動向を聞いてきた

格安SIMを利用しているスマートフォンはiPhone 5Sが最多 MMD研究所主催の勉強会で格安SIMの最新動向を聞いてきた

MMD研究所主催のMVNO勉強会「2016年の振り返りと2017年に向けて」に参加してきました。 この勉強会、今回が第4回目ということですが、私は今回が初参加。 「報道メディア、ライター向けの勉強...

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

最近、ドコモからの費用増に伴い、初期費用の値上げが行われているMVNO(格安SIM)ですが、そんな中でもダントツに安い初期費用299円で提供しているFREETELの全プラン対応パック。 その全プ...

MENU

back to top