Xiaomiの2000円台で購入できる低価格フィットネストラッカー、Mi Band 2をレビュー

2017.3.10

今更ですが、もうすぐ3周年を迎えるGearBestからXiaomiのアクティビティトラッカ、Mi Band 2を提供頂いたので紹介したいと思います。

初代Mi Bandと比べると、簡単な液晶ディスプレイが付いたのが大きな特徴です。


▲左が初代Mi Band。LEDインジゲータしかありませんでした。

本体はベルトから取り外せる構造です。

2740円(GearBest価格)という低価格ながら、心拍モニタを搭載しています。

ベルトは初代と同じギボシ留めタイプ。
Misfitのも同じ構造ですが、フィットネストラッカには多いですね。

充電はこんなケーブル状のもの。
本体をベルトから取り外しして充電します。
バッテリは一度の充電で約20日間持つとのことです。

ディスプレイ下にあるボタンを押すごとに「時間」「歩数」「心拍数」が切り替わります。

ただ、心拍数はちょくちょく計測エラーになりますね。
どうも動いているとダメみたいで、腕を止めてじっとしていると上手く測れます。

コンパニオンアプリは「Mi Fit」。

計測できるのは、歩数、距離、消費カロリー、運動時間、そして睡眠時間です。

肝心の計測の正確さですが、いつも胸にぶら下げているMisfit Rayと比べると2割り増しくらいの数値になっています。
ただ、睡眠時間の計測はMi Band 2のほうが正確だったので、Rayの数値が少なくなっている可能性もあります。

なお、スマートフォンからの通知を受け取れる機能もあり、着信やメールだけでなく、インストールされているアプリからどの通知を連動させるかを選ぶこともできます。
また、スマートフォンの画面が消えているときだけ(使っていない時だけ)通知するなんて細かい設定も可能。

ただこの機能を使うとMi Band 2のバッテリ消費は早くなるはずなので、その点だけ注意が必要です。
(デフォルトではオフになっていました)。

フィットネストラッカとしては必要十分というか、これ以上望む必要はないだろうという気さえします。
SpO2が測れないのが惜しいと言えば惜しいですが、この価格のフィットネストラッカに望むことではないでしょう。

そんなわけで、フィットネストラッカが欲しいけれど、スマートウォッチみたいにごついのは苦手。でも四六時中身に着けておくものだから時計表示ぐらいは欲しい、という人には強くお勧めしたいです。

GearBestで購入

ちなみに、GearBestから頂いておいてなんですが、若干高くはなるものの、Amazonでも購入可能です。

Xiaomi Mi Band 2 有機EL液晶搭載,時刻チェック可能 ライトセンシティブ スマートリストバンド 心拍計 Bluetooth4.0 ワイヤレススポーツブレスレット 軽量 IP67防塵防水 活動量計 歩数計 睡眠計 アラーム 連続動作20日間 Android4.4/IOS7.0対応 アプリ [並行輸入品]
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_
タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

落ち着いた配色がカッコイイ、限定モデルのApple Watch NIKELABを購入

以前から他のスマートウォッチ(Android Wearとか)の比較用に欲しいとは思っていたのものの、なんとなく買いそびれていたApple Watch。そろそろ、安くなってきたSeries 1でも買おうかと思ったのですが、 ...

News >モバイル

HUAWEIとGoogle、Raspberry PiっぽいAndroid向け開発ボードを発表

HUAWEIとGoogleが、Raspberry PiののようなSingle Board Computer(SBC)、HiKey 960を発表しました。 Raspberry Piのようにそれを使ってなにかしらをDIYする ...

News >モバイル

Google、Nexus / Pixelへのセキュリティアップデート提供期限を公開

GoogleのNexusとPixelは、発売から2年間はAndroidのアップデートを提供、3年間はセキュリティアップデートを提供ということになっています。でも実際いつまで?というのはなかなか把握しきれなかったりするもの ...

News >モバイル

任天堂、3D表示のなくなった3DS、new 2DS LLを7月に発売

任天堂がnew 3DS LLから3D機能を取り除いたnew 2DS LLを7月13日に発売すると発表しました。価格は税抜14,980円。 折りたためない廉価版扱いの2DSはすでに発売中ですが、new 2DS LLは通常の ...

News >モバイル

背面が透明なGalaxy S8を作る方法。フィルムさえ剥がせれば意外と簡単そう

透明で中が見えるシースルーなガジェットというのはいつの時代もなかなかに魅力的なもの。今回は発売されたばかりのGalaxy S8の背面をシースルーにするハックがYouTubeで公開されています。 ガラスバックを採用している ...

MENU

back to top