Xiaomiの$26のBluetooth Speakerを試してみた 女性ボーカルが聞きやすいのでアニソンにはいいかも

2016.8.6
Xiaomi Speaker

最近お世話になっているGearBestからXiaomiのBluetooth Spearkerを提供して頂いたので早速レビューです。

Xiaomiのオーディオデバイスは、Xiaomi Mi Piston2というイヤホンが3,000円以下にもかかわらず音質がいいと2015年に話題になっていました。

なので、期待はしていたのですが、値段を考えれば十分だけど、それだけかなぁというのが正直な印象です。

Xiaomi Bluetooth Spearker

とりあえずスペックです。

項目 仕様
周波数帯域 100Hz~20KHz
出力 2.5W x 2
Bluetooth 4.0
コーデック A2DP,AVRCP
バッテリ 1,200mAh
サイズ 154.5x62x25.3mm
重さ 228g

連続再生で10時間ということですが、実質は8時間程度になるのかな?

ちなみに重さについては実測で221.2gでした。

Xiaomi Speaker

外観

パッケージはXiaomiらしくシンプルです。

Xiaomi Speaker

梱包材がマニュアルを兼ねていました。

Xiaomi Speaker

本体は非常にシンプル。
筐体はアルミ製で安っぽさはなく、むしろ高級感さえ感じます。

Xiaomi Speaker

スイッチ類は電源のみ。
充電はmicroUSBです。

Xiaomi Speaker

肝心の音はSonyっぽいドンシャリ系(奥さん談)

肝心のスピーカーとしての音ですが、若干大味な感じですが、約$26(約2,600円)という価格を考えれば十分な音質です。

ただ、$26としては十分な音質というだけで、特に音がいいかと言われるとそんなことはないかなぁ?というのが本音です。

音楽に明るい奥さんによると「Sonyっぽいドンシャリ系の音で、かつかなり大雑把な感じ」という感想だそうです。

微細なことはさっぱりわかりませんが、他のスピーカ(InateckのBP2002)と比べると音がこもり気味には感じます。
ただ、女性ボーカルはかなり聞きやすいので、アニソンとかにはいいのかもしれません。

Original Xiaomi Wireless Bluetooth 4.0 Speaker

余談

電源スイッチ周りに保護シートが貼ってあったのですが、普通、矢印にあるようなタブって剥がしやすいようにするためのもので糊はついてないですよね?
だけどこのシートはこの部分も含めてべったりと貼りついていて、めっちゃ剥がしにくかったです。

Xiaomi

この辺はまだ中国品質ということなんだろうか?

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top