スマホのホールド性能は抜群にいい しっかりした作りのVRゴーグル SoundSoul G3をレビュー

2016.4.28 (更新日:2016.04.29)
SoundSOUL

SoundSoulさんのご厚意で、最近流行りのちょっと豪華なCardBoardタイプのVRゴーグル、SoundSoul G3(が製品名だと思います)をご提供いただきました。また、同製品を15%割引で購入できるクーポンも頂いたので、ページ最後に記載しています。

スマートフォンのホールド性は申し分ない

なぜか視差撮影用のパーツが付属

まずは同封物。VRゴーグルと頭部に固定するベルト、そしてプリズムのようなパーツ。

SoundSoul G3

このパーツ、スマートフォンのカメラに装着して3D画像を手軽に撮影できるというものです。すでにCardBoardカメラなどVR画像を撮影できるアプリがあるので積極的に使う理由はないですが、昔はこういうの流行ってましたよね。

SoundSoul G3

サイズ的にはiPhone 6 Plusにも対応

スマートフォンは前面のパネルを開けたところに挟む形で固定します。このパネル、マグネットで固定されており、かなりしっかりしています。

SoundSoul G3

間に挟み込む形状のゴーグルだと、ちょっとの衝撃でスマートフォンの位置がずれてしまうという問題があるのですが、このゴーグルはスマートフォンのサイズに合わせて左右にある台座部分を左右と上下に動かすことができます。左右は無段階、上下は3段階の稼働です。

SoundSoul G3

公式には3.5インチ~6インチに対応しているとのこと。試しにXperia Z3 CompactとiPhone 6 Plusを装着してみましたが問題ありませんでした。サイズ的にはXperia Z3 Compactよりも横幅が狭いと上方向に空間が開いてしまうので、実質的にはこのあたりが下限だと思います。

左右が開いているので、充電しながらでも使用可能です。

SoundSoul

メガネをしたままだとちょっときついかも

レンズ幅は上部のダイヤルで調整可能。焦点距離も左右のダイヤルで全体に前後することで調節できます。

SoundSoul G3

顔に当たる部分はスポンジではなくゴム(水中眼鏡みたいな感じです)なので、メガネをしたままだとちょっときついです。装着時に意図的に左右に広げてはめればメガネのままでも大丈夫ですが、メガネによっては外したほうがいいかもしれません。

SoundSoul G3

以前にレビューしたHABORよりも作りはしっかりしている

このタイプのVRゴーグルは、以前に「HABOR 3D VRメガネ」をご提供いただきレビューしましたが、製品の作りとしては、はっきりとこちらのほうが上です(Seneoさん、すいません……)。装着感だけはフェイクレザーを使ったHABORのほうが上ですけどね。

装着感は最高! Cardboard対応VRゴーグル 「HABOR 3D VRメガネ」をレビュー

装着したまま操作は不可

残念ながら、Cardboardにあるようなマグネットスイッチの類はついていないので、タップ操作などが必要なものは一度取り外すか、ゲームパッドなどを使わないといけません。Cardboard用のアプリは操作不要で視線を何秒か合わせると選択になるというものも多いですが、やっぱりタッチ操作はできたほうがいいですね。

SoundSoul G3

15%割引クーポン

今回レビューしたSoundSoul G3ですが、SoundSoulさんから15%割引になるクーポンをご提供いただきました。下記クーポンをAmazonで利用すると15%割引で購入できます。適用期間は4月29日~5月20日まで。

696CJDBR

それにしても、この手のVRゴーグルが一気に増えてきましたね。個人的にはもう二つ三つあたり購入して比べてみたい気もするのですが、どれも似たり寄ったりな気がしなくもない。でも気になる製品もあるのでやっぱり買っておこうかな……。

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GPD Pocket、不具合対策のために出荷停止中

バッテリコネクタの外れやすさは何とかしたほうがいいかも。

News >その他

今度は新宿でVR、7月14日オープン VR ZONE SHINJUKUのチケット予約受付中

エヴァンゲリオンVRとマリオカートVRは体験してみたい

MENU

back to top